(4月28日木曜日)

映画『オオカミ少女と黒王子』ジャパンプレミアイベント 山﨑賢人、サプライズ登場に恭也のあの台詞にファンは絶叫・熱狂・大興奮!!

27日、東京・東京国際フォーラムにて、映画『オオカミ少女と黒王子』ジャパンプレミアイベントが行われ、W主演の二階堂ふみ、山﨑賢人が出席した。

本作は、日本中の女子が憧れ、ドキドキするシチュエーションで話題の人気コミック「オオカミ少女と黒王子」を実写映画化。街で見かけたイケメンを盗撮し、女友達に彼氏だとウソをつくオオカミ少女のエリカ(二階堂ふみ)。ところが彼は同じ学校の佐田恭也(山﨑賢人)、実はとんでもないドSの黒王子!「3回まわってお手からワン!だな」と彼氏のフリをする条件を【絶対服従】という条件を突き付ける。ウソから始まる恋の胸キュン!ラブコメディー!

主演の二人の他には、鈴木伸之、門脇麦、横浜流星、池田エライザ、玉城ティナ、吉沢亮、菜々緒ら豪華キャスト陣が勢ぞろいし、本作のメガホンを取った廣木隆一監督も出席した。


イベント開始には予告編が上映され、山﨑が演じる、恭也が映る度に客席からは歓声が起こり、その歓声も徐々に絶叫へと変わり、その反応に集まった報道陣も笑ってしまうほど驚いていた。この日は、ジャパンプレミアと
ヒロイン・エリカ役の二階堂は「すごく力の入った自信作です!私も今、この流れに便乗していて足がフワフワしています。皆さんの笑顔を見たら早くお披露目したいと思いました。是非、楽しんでください」と挨拶。

引き続き、サプライズ登場の興奮も収まらない中、ドSな黒王子・恭也を演じた山﨑は「今日は皆さんにこうしてもらえる日が来たことを嬉しく思います。すごく面白いので楽しんください」と挨拶すると再び黄色い大歓声に会場は沸いた。

本作で、ドSな役を演じた山﨑は、「このドSなのは役でしかできないので…」と言いつつも、リクエストに応え、原作でも人気のあのドSな台詞!「三回回ってお手からワンだな」を照れながらも披露し、この台詞に大興奮の会場のファンは大絶叫!となり、最後までファンの歓喜の声が続くイベントとなっていた。
(オオタマコト)


【ストーリー】
高校に入学したばかりの篠原エリカ(二階堂ふみ)は、恋愛経験ゼロなのに彼氏とのラブ話を語る“オオカミ少女”。
彼氏がいないのでは?と友達に疑われ、街で見かけたイケメンを盗撮し、自分の彼氏として写真を友達に見せてその場をしのごうとする。
ところが、その彼は同じ学校に通う佐田恭也(山﨑賢人)だった事が判明。イケメン同級生・佐田に事情を打ち明け、彼氏のフリをすることを承諾してもらえるエリカ。だが実は彼、見た目は王子だが中身は超ドSの“黒王子“だった!契約彼氏の条件は、恭也への“絶対服従”!ウソから始まる恋の行方は?
 

映画『オオカミ少女と黒王子』
キャスト:二階堂ふみ 山﨑賢人/鈴木伸之 門脇麦 横浜流星 池田エライザ 玉城ティナ 吉沢亮/菜々緒
原作:八田鮎子作「オオカミ少女と黒王子」(集英社「別冊マーガレット」連載)
監督:廣木隆一
脚本:まなべゆきこ
音楽:世武裕子
主題歌:back number
「僕の名前を」(ユニバーサル シグマ)
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)八田鮎子/集英社
(C)2016 映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会 
公式サイト:ookamishojo-movie.jp

映画『オオカミ少女と黒王子』
5月28日(土)より新宿ピカデリー他 全国ロードショー!