(5月14日土曜日)


映画『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』初日舞台挨拶 
鈴木亮平、喜びの猛アピール!「これが本物の“HERO”だ!!!」


14日、俳優の鈴木亮平が主演の映画『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』初日舞台挨拶に登壇した。

東京・新宿バルト9にて行われた舞台挨拶には、女優の清水富美加、ムロツヨシ、柳楽優弥、片瀬那奈、福田雄一監督らも出席。本作で主題歌を担当した南波志帆とCTS(サークル、トライアングル、スクエア)も主題歌を披露した。

本作は、2013年にスマッシュヒットを記録した、映画「HK/変態仮面」の続編。前作公開後、再会を約束し、鈴木亮平をはじめ主要キャスト陣と福田監督らが奇跡の再集結し完成させた作品。

鈴木は「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシスで変態仮面を演じた鈴木亮平です」と挨拶したものの「まず、スーツで出て来てしまいすみません…」と客席を眺め「お客さんがパンティーを被っているのに、僕は被って来なくて後悔してます」と話し、これには客席も大笑い。鈴木から「昨今、ヒーロー映画が多いですけど、ついにやっと日本を代表するヒーローが満を侍して再登場しました!!」と満足顔。会場は大きな拍手に包まれ変態仮面の帰還を喜んだ。

撮影前に鈴木は「福田監督からの要望で、アメコミヒーロー並みの体作りと、フラミンゴと社交ダンスの動きを完璧にしてくれと言われ、『なぜですか?』と聞くと、福田監督からは、『いままでの研究してきた中で、もっとも変態的だからだ』と言われ、1ヶ月かけて、動きをマスターしたことを明かした。

この習得したそれぞれの動きは、本編でふんだんに取り入れられてるというフラミンゴや社交ダンスの動き。柳楽を相手にフラミンゴの型を披露し、続いて腰を入れ振るように社交ダンスの歩き方も披露し、前作とは格段に違う、動きの進化をアピール。客席もこの動きに盛り上がりをみせた。

最後には鈴木は「学生時代に英語を専攻していて、自分では英語語学のスペシャリストだと思ってて、“ヒーローってなんだ”と考えた時に、スペルを見ると『HとERO』なんですよ。つまり和製英語で、Hは変態の頭文字。“変態でERO”これを満たしているヒーローこそが本物の“HERO”なんです!」と主張し、さらに「ここに立っている我々こそが本物のヒーローだ!本物のヒーローを見たいなら、『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシスを見ろ!!』と猛アピール!!キャスト陣や客席からも拍手喝采に大歓声と大盛り上がりとなった。

再び主要キャストが集結し完成した本作を誰よりも喜びをみせた鈴木亮平は最高に輝いていた。
(オオタマコト)


【ストーリー】
パンティが消えるニュースが連日メディアを賑わせている中、狂介は相変わらず愛子のパンティを被って悪を倒していた。複雑な想いを抱く愛子はパンティを返してもらうが、徐々に二人の心はすれ違い始める。
一方、同級生の真琴正は、気づかぬうちに愛子を傷つける狂介への憎悪を募らせていく。愛子を失い、さらに世界中からパンティが消えるという未曾有の危機を迎えた変態仮面の前に、最恐の敵が現れる。

アブノーマル・クライシス
すべてのパンティが消えた時、変態仮面の運命は…


映画『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』
キャスト
鈴木亮平 清水富美加
柳楽優弥 ムロツヨシ
水崎綾女 皆川猿時 新井浩文 やべきょうすけ 勝矢 足立理 上地春奈 木根尚登 佐藤仁美
片瀬那奈 池田成志 安田顕
監督・脚本:福田雄一 
原作:あんど慶周 「THE ABNORMAL SUPER HERO HENTAI KAMEN」(集英社文庫コミック版刊)
配 給:東映
(C)あんど慶周/集英社・2016「HK2」製作委員会
公式サイト:hk-movie.jp

映画『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』
新宿バルト9ほか全国ロードショー中