(C)2016 フジテレビジョン バンダイビジュアル AOI Pro. ギャガ
(5月22日日曜日)

映画『海よりもまだ深く』 初日舞台挨拶
阿部寛「カンヌ映画祭での是枝監督の人気に驚き!」


21日、俳優の阿部寛が、主演する映画『海よもまだ深く』初日舞台挨拶に出席した。

阿部とともにカンヌ映画祭から帰国したばかりの真木よう子、​​樹木希林の登壇に、会場となった新宿ピカデリーは満席。残念ながら、まだカンヌにいるため、この場には来れなった是枝裕和監督は等身大パネルで登場となった。

是枝裕和監督最新作(『海街diary』『そして父になる』)​にして、第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に正式出品され、阿部寛、樹木希林、真木よう子、是枝裕和監督がカンヌ映画祭に参加。5月19日(日本時間)に行われた公式上映では、約7分間にもわたるスタンディングオベーションを受け、阿部はカンヌ映画祭を感動の初体験となった。
阿部は「ようやく皆さんのお目にかかることができます。フランスでは良い評価をいただき、充実した日々を過ごせました。」と挨拶。

今回、初のカンヌ参加となった阿部は、カンヌの印象について「街中が活気に溢れていました。
天気も良く、3日間でしたけど、夢のような日々を過ごせました。たぶん一生忘れないと思います。」とコメントし、とても感動的で印象深い体験となったようだ。

またカンヌではレッドカーペットも歩いた阿部は「レッドカーペットは距離的にはあまりなかったんですけど、忘れられない経験をさせていただきました。あと、観客の方たちと一緒に上映を観れて、笑いどころが日本と変わらなかったりと、反応を直に知れて、とても面白かったです。スタンディングオベーションは本当に嬉しくて、僕はもっといたかったんですけど、樹木さんが早く行こうというので、仕方なく帰りました」とちょっと苦笑い。

また是枝監督についての印象を尋ねると阿部は「本当に優しいです。カンヌで驚いたのはカンヌでとても人気があることです。歩いているとたくさんの人に握手を求められていました、」、「これだけの映画をつくる方なので、人が好きで人のことをよくみいている方なんだと思いました。」と是枝監督の人気に驚きをみせた。

最後に阿部から「是枝監督の描く作品は、家族の何気ない会話のやりとりとささやかなな日常を切り取った繊細作品なかりで他の映画にはないものがあります。多くの方に観ていただきたいと思っていますので、応援どうぞ宜しくお願いいたします。」と挨拶し終えた。

【ストーリー】
台風の夜に、偶然ひとつ屋根の下に集まった“元家族”夢見た未来と、少しちがう今を生きる大人たちへ贈る感動作。​
​笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)だ。
ある日、たまたま淑子の家に集まった良多と響子と真吾は、台風のため翌朝まで帰れなくなる。
こうして、偶然取り戻した、一夜かぎりの家族の時間が始まるが――。


映画『海よりもまだ深く』
原案・監督・脚本・編集:是枝裕和(『海街diary』『そして父になる』)  
主題歌:ハナレグミ「深呼吸」(Victor Entertainment / SPEEDSTAR RECORDS)
出演:阿部寛 真木よう子 小林聡美 リリー・フランキー 池松壮亮 吉澤太陽 / 橋爪功 樹木希林
(C)2016 フジテレビジョン バンダイビジュアル AOI Pro. ギャガ
配給:ギャガ
公式サイト:gaga.ne.jp/umiyorimo

映画『海よりもまだ深く』
全国公開中