©2016YDクリエイション
(5月23日月曜日)

NETFLLIXオリジナルドラ『火花』イッキ観試写会
林遣都、波岡一喜のサプライズにファン歓喜で涙目!!

22日、東京・明治安田生命ホールで行われたNETFLLIXオリジナルドラマ『火花』の全10話先行 530分イッキ観試写会が行われ、舞台挨拶に主演で俳優の林遣都、波岡一喜が揃って登壇した。


このイッキ観試写会は、午前10時から上映を開始。全10話・530分の長時間上映を実施した。
この長時間におよぶ上映にもかかわらず、終了後に客席からの拍手で迎えられた林は「朝から最後まで見ていただいてありがとうございました!」と感謝の言葉を述べた。
林が演じる徳永の先輩芸人の神谷を演じた波岡は「波岡からではなく、ちょっと神谷からお礼を言いたい!」と神谷になりきり「今日は皆さん来てくれて、ありがと!ありがと!ありがと!地獄!地獄!地獄!」と客席を指さし叫び、本作の漫才シーンを再現しての挨拶に客席を盛り上げた。

この上映後に行われた舞台挨拶では客席からの質問を受付けたところ、デビュー当時から林のファンだという女性が「林遣都さんがずっと好きで、はじめて生で見られて嬉しい」と震え声で涙目になりながら明かすと、波岡から林に「握手して来い!」と言われ、舞台から降りて客席のファンと握手!続いて波岡も握手にハグのサプライズなファンサービスに女性も喜び、会場は盛り上がりをみせた。

また舞台挨拶では、本作で共演者でする村田秀亮(とろサーモン)、好井まさお(井下好井)の二人がMCを務め笑いの多い舞台挨拶となった。
(オオタマコト)


お笑いコンビ・ピースの又吉直樹が、第153回芥川賞を受賞した小説『火花』。又吉の処女小説であり、単行本は累計250万部を超える大ヒットを記録した話題作を実写化!世界最大級のオンラインサービス「NETFLIX」で全10話オリジナル作品として、6月3日(金)世界190カ国で同時配信(ストリーミング)をスタートする。


Netflixとは、現在190以上の国で7,500万人のメンバーを有する世界最大級のオンラインストリーミングサービス。「火花」をはじめとするNETFLIXオリジナル作品だけでなく、国内外で人気の映画やドラマが月額定額(650円〜)で見放題!インターネットに接続ができれば、スマホやパソコン、ゲーム機&TVなど、様々なデバイスを通じて、好きな時、好きな場所から好きなだけ楽しめる。

 
【物語】
売れない芸人の徳永(林遣都)は、営業で行った熱海の花火大会で先輩芸人の神谷(波岡一喜)と電撃的に出会い、強く惹かれ、弟子入りを申し出る。神谷は天才肌であり、かつ人間味に富んだ人物。神谷は自分の伝記を書くことを条件に、徳永を受け入れるのだった。
以降、徳永と神谷は頻繁に会っては酒を酌み交わし、神谷は徳永に笑いの哲学を伝授しようとする。吉祥寺の街を彷徨いながら、さまざまな人々と触れ合い、なんでもない、でもキラキラと輝く時間を共有する二人。だが、それぞれの歩みは次第に、そして決定的に異なっていく。徳永は少しずつ売れていき、その一方で、神谷は少しずつ損われていくのだった。
ある日、神谷は借金を抱えたまま姿を消してしまう。そして一年後、二人は再会するのだが…。

出演
林遣都 波岡一喜
門脇麦 / 好井まさお(井下好井)村田秀亮(とろサーモン) 菜 葉 菜 山本彩 (NMB48/AKB48)
徳永えり 渡辺大知 高橋メアリージュン 渡辺哲
忍成修吾 徳井優 温水洋一 嶋田久作
大久保たもつ(ザ☆忍者) 橋本稜 俵山峻(スクールゾーン)西村真二 きょん(ラフレクラン)
染谷将太 田口トモロヲ 小林薫
原作:又吉直樹 著「火花」(文藝春秋 刊)
総監督:廣木隆一 監督:白石和彌/沖田修一/久万真路/毛利安孝 
主題歌:OKAMOTO’S「BROTHER」(アリオラジャパン)制作プロダクション:ザフール/パイプライン  制作:吉本興業 製作:YDクリエイション In Association With Netflix ©2016YDクリエイション
オフィシャルHP http://hibana-netflix.jp/
公式Twitter(@hibanajp

Netflixオリジナルドラマ
『火花』
6月3日(金)全世界同時配信!