©2016「貞子vs伽椰子」製作委員会
(5月24日火曜日)

映画『貞子vs伽椰子』完成記念イベント
最恐対決を悪魔が仲裁!?デーモン閣下降臨!!

23日、東京・品川プリンスホテル・クラブexで行われた映画『貞子vs伽椰子』完成記念イベントにデーモン閣下が登壇した。

暗闇の中から高笑いとともに「お前らを地獄に引きずり込んでやる」とデーモン閣下が降臨。閣下が、まさかの呼び込みをはじめ、貞子、伽椰子、俊雄を召喚!客席からの大歓声に包まれた。すると貞子と伽椰子の最恐対決が勃発!?本作の公開を前にはじまってしまったバトルを閣下が「それまで!」と仲裁に入り、この呪いの対決を一旦鎮め、決着は6月18日の公開日までお預けとなった。

本作の主題歌を聖飢魔IIが担当。デーモン閣下は、主題歌のオファーが来て「面白いのが来た。」と思ったが、締切は20日後だったという。「武道館のリハーサルの最中だったが、依頼を受けることにした。」と明かした。

本作の製作陣から曲について「貞子も伽椰子もバランス良く」と依頼があり、これに閣下は「大事なことだな」と微笑み、曲も何コーラスかあるうちの「ここは伽椰子かな。」、「ここでは貞子のことかな」と匂わす歌詞になってると話し、「しっかり俊雄君も入ってる」と明かすと客席は大笑いとなった。

主題歌の『呪いのシャ・ナ・ナ・ナ』について閣下は「まだ映画が完成してなかったので、未完成状態を見て、二人の呪いが炸裂するイメージを言葉にすると、『シャ・ナ・ナ・ナ』になった。」と語り、既に試写を見た閣下は「試写会で観たんだが非常に面白い!ワクワクが続き、最後の最後に『へぇーー』という感じで思ってると、自分の歌が流れてくるんで面白かった。」とコメントし「観に行かない奴は呪われる!」と、主題歌『呪いのシャ・ナ・ナ・ナ』のPRならぬ布教活動を終えた。
(オオタマコト)

【ココに注目!】
今回、イベントに登場した貞子、伽椰子、俊雄は、本作で演じているオリジナルキャスト陣が登壇。イベントを盛り上げた!


主題歌情報
映画「貞子vs伽椰子」主題歌
聖飢魔Ⅱ 小教典(シングルのようなもの)
『呪いのシャ・ナ・ナ・ナ』
6月15日発布(発売)
品番:BVCL-727  
価格:1,300円+税(予定)
初回限定:呪い促進閻魔札(トレーディングカードのようなもの)封入(予定)
【収録楽曲】
呪いのシャ・ナ・ナ・ナ(映画「貞子vs伽椰子」主題歌)他 
発売元:アリオラジャパン  販売元:ソニー・ミュージックマーケティング

6月18日の世紀の対決を控え、【映画公式HP】内の特設ページでは、貞子と伽椰子、どちらが勝つかを予想し、果たして『貞子vs伽椰子』呪い勝つのは…
この「総選恐」“暗き一票”を投票してTwitterでつぶやくと、貞子、伽椰子、俊雄のサインが入った“激レア”映画台本や、ポスター・文庫本、映画オリジナルグッズなどの豪華景品が当たる。

日本全体を巻き込み国民投票によって、その結果が占われることになる。果たしてホラー界の女王は?センターの座は?手に入れるのは一体どちらになるのか!?


【STORY】
偶然手にしたビデオデッキを再生した女子大生・有里(山本美月)。そこには、観るもおぞましい映像があった。観た者は、貞子から電話がかかってきて2日後に必ず死ぬという「呪いの動画」。その時から奇妙な現象が始まるのだったー。
一方、親の転勤で引っ越してきたばかりの女子高生・鈴香(玉城ティナ)は、向いの空き家が気になっていた。入ったら行方不明になるという噂の「呪いの家」。とある事件から家に足を踏み入れてしまったのを機に、彼女の身と家族に不可解な出来事が起き始める-。
「呪いの動画」と「呪いの家」の2つの呪いを解くため立ち上がった、霊媒師・経蔵(安藤政信)。彼が企てる秘策・・・、それは拮抗した力を持つ貞子と伽椰子を激突させ、同時に2つの呪い滅ぼすという驚くべき計画だった……。

映画『貞子vs伽椰子』
出演:山本美月、玉城ティナ、佐津川愛美、田中美里
/甲本雅裕/安藤政信
監督・脚本:白石晃士
制作・配給:KADOKAWA ©2016「貞子vs伽椰子」製作委員会
公式サイトhttp://sadakovskayako.jp

映画『貞子vs伽椰子』
6月18日(土)全国ロードショー!