(5月25日水曜日)


映画『アングリーバード』公開アフレコイベント
坂上忍、自由奔放なりんあんちゃんに癒される。


24日、東京・東京テレビセンタースタジオにて、映画『アングリーバード』公開アフレコイベントが行われ、怒りん坊の主人公レッドの日本語吹替えを担当する俳優の坂上忍が出席。さらにInstagramで約40万人のフォロワーを持つ4歳児の双子・りんあんちゃん(りんか&あんな)も出席し公開アフレコ収録を行った。

最初に登場した坂上は、現在、連日アフレコの日々が続きノイローゼになりそうなぐらいスタジオに篭っていると明かし、今日も洒落にならないぐらい緊張してるという。収録ではNGも多く、幼少期の吹替え経験から自信があったと明かしたが、台本にある擬音が並んだページに戸惑いを感じたと話し、公開アフレコのシーンは、昨日終えていることから自信たっぷりでマイク前に立ったが、いざ本番ではセリフが抜けてしまいやり直すことに。再びチャレンジしたアフレコは成功!集まった報道陣からも拍手。すると坂上は「拍手をもらうことがこんなに恥ずかしいなんて…いまのちょっとずれていました」と恥ずかしそうに恐縮する表情をみせ、どこかで毎日、頭の中でレッドのことしかないと吐露。

そんな坂上を癒すかのように“可愛すぎる4歳の双子”りんかちゃん&あんなちゃんが登場!!スタジオに置かれていたキャラクターのぬいぐるみに興味を示したり、坂上に抱きつくなど自由奔放な振る舞いに坂上も目尻を下げ笑顔が溢れた。

りんかちゃんとあんなちゃんは初の映画イベントにして、アフレコも初体験。劇中に登場するベイビーバード役を担当。恐竜のように「ガオーッ!」と叫ぶシーンを吹替え、それまで子供らしく自由な振る舞いをみせていたが、アフレコ本番ではしっかり声を揃え息もピッタリ!!連日の吹替え収録で疲れ気味な坂上も可愛い双子のりんあんちゃんに癒してもらえたようで笑顔でイベントを終えた。
(オオタマコト)


おしゃべりでお調子者のチャック、身体はデカいがビビリのボムがこのピンチを乗り切るための伝説のヒーロー“マイティーイーグル”を探す旅に!
愉快なトリオの大冒険が始まる!!

映画『アングリーバード』
監督:ファーガル・ライリー、クレイ・ケイティス 
製作:ジョン・コーエン『怪盗グルーの月泥棒3D』

映画『アングリーバード』
10月1日(土)新宿ピカデリー他全国ロードショー!