(6月8日水曜日)


映画『セトウツミ』完成披露試写会
池松壮亮&菅田将暉の掛け合い“生披露”!!


7日、いま注目の若手人気俳優の池松壮亮と菅田将暉が、W主演映画『セトウツミ』の完成披露試写会に出席した。


この日、東京・新宿ピカデリーで行われた舞台挨拶には主演の二人とメガホンを取った大森立嗣監督も登壇した。多くの女性たちからの歓声の中、舞台挨拶に登壇した池松から「今日はありがとうございます。えーと、時間も短いですし、サクッと見れていい暇つぶしになればと思います。」と挨拶に客席から笑い声も。菅田は「こんにちは。今日は『セトウツミ』を見に来てくださりありがとうございます。」と挨拶した。

本作のタイトル『セトウツミ』とは、菅田将暉が演じる元サッカー部のお調子者の瀬戸(セト)と池松壮亮が演じるクールな塾通いの内海(ウツミ)の名前を組み合わせたものとなっている。

本作について池松は「喋るだけって挑戦的だし、川辺で喋るだけで映画になり得るのか不安でした。」と話し、撮影時についても「1週間ぐらいの短い時間でしたので、手応えもクソもないまま終わって、ただ座ってた…」と撮影中は不安を感じていた様子。「完成した作品は見てるので、楽しんでもらえるんじゃないかと自信はあります!」と本作に手応えを感じているようだ。菅田は「池松君と喋るだけですが、元々、原作は知っていたので。」と喋るだけということには不安はなく撮影できたことを明かした。

また本作で共演し、お互いの印象について、池松は「心と体が柔らかい、柔軟性のある俳優さんなんだろうなと、印象はそのままでした。」と菅田について語り、菅田は池松について「太賀(俳優)は『役者の鏡だよ』と言っていたのでその通りと思いました」と話すと、大森監督からは「初対面の時、一言も口をきかなかったんですよ。大丈夫かなと思って、怖くなりました」と暴露。

池松は「人見知りなのか分からないですけど、喋ることないですからね」と戸惑いながら「もう今は良く喋りますよ」と打ち解けたことに菅田は「もう凄いですよ。」と、いまは本作の『セトとウツミ』のような関係を築いてる印象に感じた。

舞台挨拶の最後には、話題となった本作の予告編『スタンディングオベーション』を二人で生披露。関西弁の二人の間の見事な掛け合いに、観客も実際にスタンディングオベーション!!拍手で盛り上げた。
(オオタマコト)


「喋る」だけの青春。“放課後無駄話”

映画『セトウツミ』
監督:大森立嗣 『まほろ駅前狂騒曲』『さよなら渓谷』 
原作:此元和津也 (秋田書店「別冊少年チャンピオン」連載)
出演:池松壮亮 菅田将暉 中条あやみ
鈴木卓爾 成田瑛基 岡山天音 奥村 勲 笠 久美 牧口元美 / 宇野祥平
配給:ブロードメディア・スタジオ
公式サイトwww.setoutsumi.com

映画『セトウツミ』
7月2日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー!