(6月8日水曜日)


映画『森山中教習所』プレミア上映会
みんなが女優・麻生久美子に惚れる!?野村周平&賀来賢人もメロメロ!


8日、東京・新宿バルト9にて行われた映画『森山中教習所』のプレミア上映会にW主演の野村周平と賀来賢人が出席した。

野村から「みなさん、おはようございます!こんばんは!本日はお日柄もよく、お足元も良い中…」と笑いを誘い「この映画のいちばん最初の視聴者になっていただくことにありがとうございます!」と挨拶し、「本当にこの日が来るのを待ちに待っていたので楽しんでください!」と映画の完成を喜ぶコメント。

賀来は「えーー本当に来て頂いてありがとうございます!この映画は僕にとっても思い入れの強い映画なので、最後まで楽しんで頂けたら嬉しいです。」と喜びの挨拶となった。

この舞台挨拶には、麻生久美子、光石研と共演者らに加えメガホンを取った豊島圭介監督と原作者の真造圭伍も登壇し、舞台挨拶には豪華メンバーが顔を揃えた。

賀来が演じるクールなヤクザの組員・轟木と野村が演じるマイペースでテキトーな大学生・清高の二人が通う教習所で、清高が恋心を抱く、教習所の教官サキを演じた麻生は「はじめて教習所の教官という役だったんですけど、二人に指導したり、怒ったりが心地よくて楽しかったです。」と話し楽しんだ様子に野村や賀来も吹き出してしまう。麻生は「映画としては見終わった後の余韻が凄く心地良い作品になっていると思います。」と客席へアピールした。

女優・麻生久美子について、豊島監督は「麻生さんは一緒に仕事をさせてもらって『はぁ…だからみんな惚れるんだ』と思いました。」との話しに野村も賀来も頷き共感。「ひとつの芝居の中で、こんなことしてたんだ、そんな言い方してたんだと、気がつくことがあって、本番だとサラッとした感じでやるんですけど、細かい芝居がいっぱい織り交ぜられていて凄いので、そこも見て欲しいです。」と絶賛!!

また麻生は主演の二人について「二人とも凄く性格が良くて、だから現場の雰囲気がとても良かったですし、撮影していて楽しい感じで、こういう現場ははじめてかなと思いました。」、「もう二人とも珍しいぐらい性格が良くて」とべた褒めに野村も賀来も照れ笑いをみせた。

そんな野村も賀来の二人は、豊島監督に「麻生さんはヤバい!」とそれぞれ言いに来たと明かされ、野村も「だって麻生さんはヤバいでしょ!麻生さんがいるだけで現場の盛り上がりが違うでしょ!」と、ちょっと興奮気味。賀来も「麻生さんが僕たちのレベルで遊んでくれるんですよ。レベルを落として付き合ってくれるので有難かったです。」と魅力を語られ、麻生も照れ笑いをみせた。監督、キャスト、スタッフ、もメロメロにする女優・麻生久美子と共演した野村と賀来も揃って幸せな時間を過ごしたようだ。

映画化について原作者の真造は、映画を見るまで心配で「ダメ映画になるんじゃないか」と思っていたことを明かし、試写で見て「本当に良い映画になってて良かった!DVDも早く欲しい!」と賛辞を贈った。
(オオタマコト)



【STORY】
夏休み。マイペースでテキトーな大学生・清高(野村周平)と、ポーカーフェイスでクールなヤクザの組員・轟木(賀来賢人)は高校の同級生。ある日とんでもない再会をし、同じ非公認教習所に通うこととなる。境遇も性格も全く違うふたりが、へんてこな教習所でひと夏を過ごす。清高は教官・サキ(麻生久美子)に恋心を抱き始め、楽しくて甘酸っぱい夏休みが平穏にすぎていくと思っていたが・・・・!?子供のようにフリーダムな清高と、諸事情から高校を中退しヤクザの道へ足を踏み入れた轟木。たった一度の短い夏休みはふたりの人生を変えるのか!?変えないのか!?


映画『森山中教習所』
原作:真造圭伍「森山中教習所」(ビッグスピリッツコミックス刊) 
監督:豊島圭介/脚本:和田清人 豊島圭介
出演:野村周平 賀来賢人
岸井ゆきの 寺十吾 佐藤真弓 裵ジョンミョン 黒田大輔
音尾琢真 ダンカン 根岸季衣 麻生久美子 光石研
主題歌:星野源「Friend Ship」(スピードスターレコーズ)/音楽:グッドラックヘイワ/制作:アミューズ映像製作部 スタジオブルー
配給:ファントム・フィルム
製作:「森山中教習所」製作委員会 (C)2016 真造圭伍・小学館/「森山中教習所」製作委員会 
公式サイトmoriyama-movie.com

映画『森山中教習所』
7月9日(土)より新宿バルト9 他、全国ロードショー!