(6月13日月曜日)


映画『貞子vs伽椰子』公開直前イベント!!
山本美月、玉城ティナにドッキリ!?伽椰子ガッツポーズ!!


13日、6月18日(土)に公開を控え、女性限定の公開直前イベントが行われ、主演の女優でモデルの山本美月、同じく玉城ティナが出席した。このイベントでは、TOHOシネマズ六本木にあるアトラクション型上映のMX4Dにて上映を行い、山本と玉城の二人にも本作を鑑賞してもらい体験してもらうもので、体験した山本は「リアルに怖過ぎて…臭いや風に座席の動きもあって怖かったです。」と興奮気味に応え、玉城も「怖いのが苦手なのに観てしまって、本当に怖い…」と、もう放心状態。

今回、客席から観ている二人とともに貞子、伽椰子、俊雄が背後に待機して登場するドッキリを仕掛け、貞子、伽椰子、俊雄の登場に山本と玉城は笑いながらも驚きの表情みせた。

MX4Dで体験した二人の感想を聞いてみると山本は「まさか、こんなに激しく動くとは思ってなくて心臓がドキドキしてます。お客さんたちと観る機会はないので、リアルに悲鳴が聞こえてきて、ちゃんと怖がってもらえてると実感でき嬉しかったです。」と映画に手応えを感じ笑顔をみせた。

玉城からは「凄くホラーが苦手なので観れるか不安だったんですけど、お客さんたちが一緒に怖がってくれて嬉しかったです!皆さんと一緒だったので力強く観れました。」と胸を撫で下ろしホッとした様子。上映中のお客さんの反応をみて貞子、伽椰子、俊雄たち。伽椰子は、怖がるお客さんたちに向けガッツポーズ!!を決め、しっかりと怖がらせたと自信満々に再びガッツポーズに客席を大いに沸かせた。
(オオタマコト)


【MX4Dとは?】
MediaMation MX4Dとは、エンタテインメントの本場米国ロサンゼルスに本社を構え、4D/5Dモーション・エフェクト・シアターとシートの特許を持ったリーディングサプライヤーでありメーカーのMediaMation社が開発した、3D映画を超える最新の「体感型」4Dシアターシステム。映画のシーンに合わせて、客席のシートが前後、左右、上下に動くとともに、風、ミスト、香り、ストロボ、煙や振動など五感を刺激する特殊効果が11種あり、これらが連動することによって、通常のシアターでは決して味わえない「アトラクション型の映画鑑賞スタイル」を実現。
“MediaMation MX4Dの登場によって、映画は「観る」から「体感する」シアターになる。



【STORY】
偶然手にしたビデオデッキを再生した女子大生・有里(山本美月)。そこには、観るもおぞましい映像があった。観た者は、貞子から電話がかかってきて2日後に必ず死ぬという「呪いの動画」。その時から奇妙な現象が始まるのだったー。
一方、親の転勤で引っ越してきたばかりの女子高生・鈴香(玉城ティナ)は、向いの空き家が気になっていた。入ったら行方不明になるという噂の「呪いの家」。とある事件から家に足を踏み入れてしまったのを機に、彼女の身と家族に不可解な出来事が起き始める-。
「呪いの動画」と「呪いの家」の2つの呪いを解くため立ち上がった、霊媒師・経蔵(安藤政信)。彼が企てる秘策・・・、それは拮抗した力を持つ貞子と伽椰子を激突させ、同時に2つの呪い滅ぼすという驚くべき計画だった……。


映画『貞子vs伽椰子』
出演:山本美月、玉城ティナ、佐津川愛美、田中美里
/甲本雅裕/安藤政信
監督・脚本:白石晃士
制作・配給:KADOKAWA ©2016「貞子vs伽椰子」製作委員会
公式サイトhttp://sadakovskayako.jp

映画『貞子vs伽椰子』
6月18日(土)全国ロードショー!