(6月14日火曜日)


映画『二重生活』完成披露試写会
門脇麦、単独初主演作に「心地よく幸せな撮影現場」と振り返り、喜び。


女優・門脇麦が単独主演の映画『二重生活』の完成披露試写会が、14日、新宿ピカデリーにて行われ舞台挨拶に出席した。

門脇から「今日は、はじめてお客様に見てもらえるとのことで、あぁ、ようやく見てもらえるという気持ちと、気に入ってもらえればと、ドキドキした気持ちで両方です。」と率直な気持ちを述べ少し安心したのか笑顔をみせた。

映画『愛の渦』では、数々の賞を受賞し、ドラマ、舞台と活躍の場を広げる注目女優の門脇麦。単独初主演となる本作で門脇が演じるのは、見ず知らずの他人を尾行し、いつしか禁断の行為にはまっていくヒロイン。

本作で哲学的な尾行をする珠を演じた門脇は「楽しかったです。クランクインしてから二日目ぐらいで菅田くんとの恋人役のシーンを撮り終わり、それから悶々とした日々を不安に思っていたので、『これで大丈夫かな?』と思ってて…尾行のシーンになった瞬間に自分の演技のことは置いて、尾行を対象に集中すれば良かったので気楽にできました。」と撮影を振り返り、“尾行”という意外なところでスイッチが入ったことを明かした。

本作は映像作家・岸善幸が、直木賞作家・小池真理子の同名小説を大胆に脚色、映画化。リアルなカメラワークが伝える尾行による高揚感や胸騒ぎ、そして二重生活の向こう側にある孤独…これは、ひとりの女性の心を描き感覚を呼び覚ます心理エンターテインメント作品。

撮影時、長谷川博己が演じる編集者の石坂を尾行するのは面白かったと話す門脇は「長谷川さんが街で急に立ち止まって、靴ひもを直してみたりと楽しかったです。」と尾行中の撮影は楽しさを感じていたようだ。

また岸善幸監督が、本作で映画初メガホンを取り、撮影現場での岸監督の感想を聞かれると門脇は「撮影では、絵を撮るというより、空気を切り取り、その瞬間に出てくることを拾い上げて、言葉にできないことを言葉にしてくれたり、こういう感じの現場は初めてで、とても心地よく幸せでした。」と岸監督をベタ褒め!門脇にとって、単独初主演の現場は岸監督とのタッグはベストマッチングになったようだ。

最後に門脇から「サスペンスでもあり、ラブストーリーでもあり、ヒューマンドラマといろいろな要素が詰まったエンターテイメント作品になってます。哲学や尾行と固くならず、頭も心も柔らかく楽しんでください。そして口コミが命!(笑)なので、SNSなどで広めてください!」と本作をアピール!女優・門脇麦の単独初主演作での初舞台挨拶を終えた。

この舞台挨拶には共演者の菅田将暉、長谷川博己、リリー・フランキー、岸善幸監督に加え、原作者の小池真理子氏も登壇し、豪華メンバーによる完成披露試写会となった。
(オオタマコト)


【ストーリー】 
表参道、渋谷...移りゆく東京の街の風景のなかで、見ず知らずの他人を尾行し、いつしか禁断の行為にはまっていくー  大学院で哲学を学ぶ珠(門脇麦)は、修士論文の準備を進めていた。担当の篠原教授(リリー・フランキー)は、ひとりの対象を追いかけて生 活や行動を記録する“哲学的尾行”の実践を持ちかける。同棲中の彼(菅田将暉)にも相談できず、尾行に対して迷いを感じる珠は、ある日、資料を探しに立ち寄った書店で、マンションの隣の一軒家に美しい妻と娘とともに住む石坂(長谷川博己)の姿を目にする。作家のサイン会に立ち会っている編集者の石坂がその場を去ると、後を追うように店を出る珠。こうして珠の「尾行する日々」が始まったー。


映画『二重生活』
監督:岸善幸「ラジオ」「開拓者たち」 
音楽:岩代太郎 
原作:小池真理子「二重生活」(角川文庫刊) 
出演:門脇麦 長谷川博己 菅田将暉 /河井青葉 篠原ゆき子 西田尚美 烏丸せつこ/リリー・フランキー
製作:「二重生活」フィルムパートナーズ 制作プロダクション:テレビマンユニオン
製作・配給:スターサンズ 配給協力:コピアポア・フィルム 

公式サイト:http://nijuuseikatsu.jp

映画『二重生活』 
6月25日(土)より新宿ピカデリーほか全国公開