(6月18日土曜日)


映画『貞子vs伽椰子』初日舞台挨拶
安藤政信「実は伽椰子に目を付けていた!」とホラー好きを告白!!


映画『貞子vs伽椰子』が公開初日を迎え、俳優の安藤政信が舞台挨拶に出席。18日、東京・新宿バルト9にて行われた初日舞台挨拶に登壇した安藤は「前に出演した二つの作品が二週間で終了してしまったので、この作品は多くのお客さんに見て欲しいと望んでて、今日、凄い満席で良かったです!嬉しいてす!ありがとうございます!」と喜びの声を上げた。

安藤が最近、出演した作品が興行的に振るわなかったことから、この作品はヒットして欲しいと思いがあった様子。初日を迎え満席となった客席を見て安心したようだ。

本作でメガホンを取った白石晃士監督も「前売り券も売れているそうで、初日も多くのお客さんが入っていると聞いてます。これだけ多くの上映館数で公開は初めてなので嬉しいてす!」と喜びのコメントを寄せた。

日本のホラー映画界を代表する2大キャラ、貞子(リング)と伽椰子(呪怨)が対決することで、製作発表から注目を集め、この世紀の最恐対決を見届けようと会場は満席!!

また、この日は某アイドルグループの総選挙と同じく、ホラー界のセンターを決めるべく、“呪い勝つのはどっちだ!”と公開前日まで投票を受付ていた総選恐の結果も発表とあって会場は大いに盛り上がりをみせた。

本作で役作りのことを聞かれ、霊媒師・常盤経蔵を演じた安藤は「そうですね…イメージするにも霊媒師というインチキ臭い役なので監督も適当にやってればいいよって感じだった」と話すと白石監督から「そんなことないよ!」と突っ込まれ、このやり取りに客席を大いに沸かせ笑いを誘った。
実際、白石監督からの要望は「適当さを本気で演じて欲しい」ということだったと説明。そんな中、安藤からは「俺、本当にホラーが好きで、ゾンビ映画のジョージ・アンドリュー・ロメオとか、ルチオ・フルチ、ダリオ・アルジェントを学生時代からホラーを見て育って来たので、今回、初めてホラー作品に出演できて嬉しかった」と明かしたが、作品に出演してみて「なんだろう…怖くなかった」と発言してしまい会場を爆笑させた。

ホラー好きを明かした安藤に貞子や伽椰子の魅力を聞いたところ「当時、リングも呪怨も映画館で見てて、リングの貞子は社会現象になるほど凄いと思ってたんですけど、呪怨の伽椰子は、ここまで有名になるとは思ってなかったです。」、「でも、最初から目を付けていて良かった!」と力強く語り、有名となったキャラクターに満足そうだった。

最後には、総選恐の結果も発表となり、見事、僅差で勝者となった貞子が舞台挨拶に登壇!敗者となってしまった伽椰子と俊雄は渋谷にて、ゴミ拾いを行いその様子はスクリーンに映し出され、そのシュールな映像に会場を大いに沸かせた。

また舞台挨拶には主演の山本美月、玉城ティナ、佐津川愛美、田中美里、甲本雅裕らキャスト陣も登壇した。
(オオタマコト)


【STORY】
偶然手にしたビデオデッキを再生した女子大生・有里(山本美月)。そこには、観るもおぞましい映像があった。観た者は、貞子から電話がかかってきて2日後に必ず死ぬという「呪いの動画」。その時から奇妙な現象が始まるのだったー。
一方、親の転勤で引っ越してきたばかりの女子高生・鈴香(玉城ティナ)は、向いの空き家が気になっていた。入ったら行方不明になるという噂の「呪いの家」。とある事件から家に足を踏み入れてしまったのを機に、彼女の身と家族に不可解な出来事が起き始める-。
「呪いの動画」と「呪いの家」の2つの呪いを解くため立ち上がった、霊媒師・経蔵(安藤政信)。彼が企てる秘策・・・、それは拮抗した力を持つ貞子と伽椰子を激突させ、同時に2つの呪い滅ぼすという驚くべき計画だった……。


映画『貞子vs伽椰子』
出演:山本美月、玉城ティナ、佐津川愛美、田中美里
/甲本雅裕/安藤政信
監督・脚本:白石晃士
制作・配給:KADOKAWA ©2016「貞子vs伽椰子」製作委員会
公式サイトhttp://sadakovskayako.jp

映画『貞子vs伽椰子』
全国公開中!