(6月18日土曜日)


映画『葛城事件』初日舞台挨拶
三浦友和「僕は三年目の浮気に命をかけました」と大満足!!


18日、俳優の三浦友和が映画『葛城事件』の初日舞台挨拶に出席。東京・新宿バルト9で行われた舞台挨拶には、主演の三浦とともに出演キャストの新井浩文、若葉竜也、田中麗奈にメガホンを取った赤堀雅秋監督も登壇した。

三浦は「こんな映画の後に舞台挨拶とか…帰った方もいない様ですし、お化け屋敷を出た後みたいにならなくて安心してます。この映画は賛否両論あると思いますが『面白かった!』との意味の感想をもてる幅の広い映画だと思います。」と本作を鑑賞した客席の雰囲気から手応えを感じたようだ。

突然、新聞紙を取り出し、そこには『葛城事件』試写会の記事があり、三浦からは「邦画史上類をみない家庭崩壊映画の誕生!二度と見たくない名作!血の気が引くぐらいのエグさ、見ないと後悔する映画」と紹介され、記事に共感したのか客席からは拍手も。三浦は、この記事をネタに舞台挨拶のトークを乗り切ろと考えていたと思っていたようだが、そうはならなかったようだ。

MCから父親の清を演じてみたかった魅力はと聞かれ「この人の弱さや孤独さに魅力を感じました。」と魅力を答え、監督からの要望や指示については「赤堀監督が舞台でもやっている役なので、やり難いかなと思ってましたが、そんなこともなく無事にできました。」と話し、この役に自信をみせた。

テレビなどでも語っていたが、何回かこの父親役のオファーを断っていたそうで、ただ自分以外の役者がやるのは嫌で悔しいと気持ちが変わりオファーを受けたたいう三浦に撮影で印象に残ってることを聞いたところ、三浦は「僕は“三年目の浮気”に命をかけました。」と言うと客席も大爆笑!!撮影中にモニターを見ていたスタッフに爆笑されていたという。赤堀監督からは「撮影中は、いろいろなシーンでスタッフも大笑いしてました」と明かされ、本編とは全く違う状況をみせていたようで、そんな三浦からは「物凄く必死でしたよ」とポツリ。客席の笑いを誘った。

最後に三浦から「この映画は公開館数もあまり多くないので、皆さんのお力でよろしくお願いします。ありがとうございました。」と舞台挨拶を終えた。
(オオタマコト)



【ストーリー】
親が始めた金物屋を引き継いだ葛城清(三浦友和)は、美しい妻との間に2人の息子も生まれ、念願のマイホームを建てた。思い描いた理想の家庭を作れたはずだった。
しかし、清の思いの強さは、気づかぬうちに家族を抑圧的に支配するようになる。長男・保(新井浩文)は、幼い頃から従順でよくできた子供だったが、対人関係に悩み、会社からのリストラを誰にも言い出せずにいた。
堪え性がなく、アルバイトも長続きしない次男・稔(若葉竜也)は、ことあるごとに清にそれを責められ、理不尽な思いを募らせている。
清に言動を抑圧され、思考停止のまま過ごしていた妻・伸子(南果歩)は、ある日、清への不満が爆発してしまい、稔を連れて家出する。
そして、迎えた家族の修羅場・・・。葛城家は一気に崩壊へと向かっていく―
 

映画『葛城事件』
出演:三浦友和 
南果歩 新井浩文 若葉竜也/田中麗奈
監督・脚本:赤堀雅秋
エグゼクティブ・プロデューサー:小西啓介
製作:杉田浩光 西田圭吾 
プロデューサー:藤村恵子
ラインプロデューサー:金森保 撮影:月永雄太 照明:藤井勇
音響:菊池信之 美術:林千奈
装飾:湊博之 衣装:高橋さやか 
ヘアメイク:浅野有紀
編集:堀善介 記録:田口良子
助監督:茂木克仁
制作担当:和氣俊之
音楽:窪田ミナ  
製作:「葛城事件」製作委員会(ファントム・フィルム テレビマンユニオン コムレイド)  制作プロダクション:テレビマンユニオン
配給・宣伝:ファントム・フィルム
PG12 (C)2016「葛城事件」製作委員会 
 
公式HP:katsuragi-jiken.com
 
映画『葛城事件』
全国公開中!