(6月25日土曜日)


映画『二重生活』初日舞台挨拶
「門脇麦を超えた、超門脇麦!!」に門脇麦も大喜び!!

25日、東京・新宿ピカデリーにて、女優の門脇麦が単独初主演の映画『二重生活』の初日舞台挨拶が行われ、女優の門脇麦をはじめ、菅田将暉、長谷川博己、リリー・フランキーらキャストとともに本作で映画初メガホンを取った岸善幸監督も登壇した。

門脇は「ついに初日を迎えて感慨深い気持ちでいっぱいです!『映画はいかがでしたか?』」と問いに客席からは割れんばかり拍手をもらい、門脇も満足そうに表情をほころばせた。


「三、四年前に岸監督のドラマ作品を拝見したんですけど、衝撃を覚え、いつか絶対に岸監督とご一緒したいと思い続けて来ました」と告白。胸の内を明かし、「こうして岸監督の長編映画初監督作品の舞台挨拶にこうして立っていられることを本当に幸せに思います」と岸監督へ感謝の気持ちを語った。

本作は修士論文を完成させるために見ず知らずの人物を尾行することになる、門脇麦演じる大学院生の珠。尾行し記録することによって見えてくるその人物の別の生活。いつしか禁断の行為にはまっていく…新感覚の心理エンターテイメント!

尾行される編集者の石坂を演じた長谷川は「撮影現場は凄く楽しくて、こんなに大勢の方に見に来てもらえて」と話し、この本作について「もっと小劇場系の映画という感じなんですけど、大きな劇場で、大勢の方に見てもらえて凄く嬉しいです!みんなこの映画を見て、やらしい気持ちになるんでしょ?」と客席を沸かせつつ喜びの言葉を述べた。門脇が演じる珠の恋人役を演じた菅田は「朝早くから映画を見に来てくださり、ありがとうございます!」と挨拶。「僕自身も岸組は凄く楽しくて、公開が待ち遠しいという気持ちというか、誕生日みたいな特別な日の気持ちです!」と、初日を迎え感慨深げ。
尾行を珠に持ちかける大学教授を演じたリリーからは「麦ちゃんの単独初主演と華やかな日に、こんな大きな劇場じゃなくて、ポレポレ東中野でやると思ってたら、大きな新宿ピカデリーとは。」と思いもよらない発言に客席の笑いを誘いキャスト陣にも大ウケとなった。

また初日を迎えた気持ちを本作のタイトル『二重生活』にあわせ、それぞれが漢字四文字で表すことに。
門脇は「多人観欲(多くの人に観て欲しい)」と願いをストレートに込めた。長谷川は「超門脇麦!強い門脇麦!」と説明。映画の中で門脇の成長ぶりに驚いたことを明かし「門脇麦を超えたな!と思った」と絶賛。これに門脇も「凄く嬉しいです!」とニッコリ。また菅田は「良寝真下(良く寝ました)」と書き、前日に緊張することもなく良く眠れたことを話しリラックスしていた様子。

最後にリリーは舞台挨拶の開始ギリギリの時間に会場に到着したことを明かし「今到不解(いま、着いたばかりわからない)」と書かれたフリップを見せ、その困惑の表情に客席を笑わせた。

本作で長編映画の初メガホンを取った岸監督は「この実力派のキャストたちと一生懸命に辛気くさい映画を作りました。なにか共感するところがあれば、口コミでもなんでも広めてもらえれば嬉しいです!ありがとうございました!」、門脇も「映画のポスターやキーワードとなる哲学、尾行と入口が狭い感じですが、皆さんの感想や口コミが大事になってくる作品です。皆さんのお力で映画を育てて頂ければと強く思います!本日は、ありがとうございました!」と締め舞台挨拶を終えた。
(オオタマコト)


【ストーリー】 
表参道、渋谷...移りゆく東京の街の風景のなかで、見ず知らずの他人を尾行し、いつしか禁断の行為にはまっていくー  大学院で哲学を学ぶ珠(門脇麦)は、修士論文の準備を進めていた。担当の篠原教授(リリー・フランキー)は、ひとりの対象を追いかけて生活や行動を記録する“哲学的尾行”の実践を持ちかける。同棲中の彼(菅田将暉)にも相談できず、尾行に対して迷いを感じる珠は、ある日、資料を探しに立ち寄った書店で、マンションの隣の一軒家に美しい妻と娘とともに住む石坂(長谷川博己)の姿を目にする。作家のサイン会に立ち会っている編集者の石坂がその場を去ると、後を追うように店を出る珠。こうして珠の「尾行する日々」が始まったー。


映画『二重生活』
監督:岸善幸「ラジオ」「開拓者たち」 
音楽:岩代太郎 
原作:小池真理子「二重生活」(角川文庫刊) 
出演:門脇麦 長谷川博己 菅田将暉 /河井青葉 篠原ゆき子 西田尚美 烏丸せつこ/リリー・フランキー
製作:「二重生活」フィルムパートナーズ 制作プロダクション:テレビマンユニオン
製作・配給:スターサンズ
配給協力:コピアポア・フィルム 

公式サイト:http://nijuuseikatsu.jp

映画『二重生活』 
6月25日(土)より新宿ピカデリーほか全国公開