(6月27日月曜日)
NETFLIXオリジナルドラマ
『Marvel ルーク・ケイジ』のマイク・コルター初来日!!
27日、東京・六本木にて行われたNETFLIXオリジナルコンテンツ特別プレゼンイベントに『Marvel ルーク・ケイジ』にて主人公(ルーク・ケイジ役)を演じる俳優のマイク・コルターが初来日、イベントに出席した。
 
既にNetflixオリジナル作品『Marvel ジェシカ・ジョーンズ』にて登場し人気となったルーク・ケイジが、今度は主人公になり、その活躍を描くNetflixオリジナル作品。
『Marvel ルーク・ケイジ』とは、主人公のルーク・ケイジは、銃弾やチェーンソーでも歯が立たない鋼の肉体を持つ男。このルーク・ケイジを主人公にしたドラマは『Marvel ルーク・ケイジ』が初。2016年9月30日よりNetflixで配信が開始される。
9月からの配信に先駆け、初来日したマイクは『ルーク・ケイジ』について「自分の過去から逃げようとする中、自分の犯してもいない罪で投獄され、その間にいろいろな実験をされた結果、超人的な能力を身につけることに。本作ではハーレムに蔓延る悪と戦う。」と解説。またアクションシーンについて「スタントは90%自分で行い、普通ならカツラを付け、なりすましたスタントマンが代役をするが、このスキンヘッドなので、自分でやらざる得なかったが、アクションスタントは楽しかった。」と撮影を振り返った。ただスタントでケガはつきもので、役の設定では傷つくことはないが「バットで殴られるシーンで、バットが折れてしまい、それが顔面にヒット。顔の左側が麻痺するほどで、この時はルーク・ケイジ役を忘れ、つい『痛い!』と叫んでしまった」と話し報道陣の笑いを誘った。
今回、初来日となるマイクは「日本は素敵で気に入ってます。」とお気に入りの様子。また、日本のどこへ行ってみたいかと質問が及ぶと「お寿司が好きで、週に3回はお寿司を食べている。」と明かし、「ドキュメンタリー映画の『二郎は鮨の夢をみる』に出てくる、すきやばし次郎に行ってみたいが、時間がないかもしれない…予約もしてないから」と、少々残念そうな表情をみせトークを終えた。ルーク・ケイジと言えば、アメコミ好きのニコラ・ケイジが、名前をルーク・ケイジから取ったことは有名な話。
またルーク・ケイジは今後配信予定の『Marvel ザ・ディフェンダーズ』にも出演が決定している。
(オオタマコト)
Netflixオリジナル作品
『Marvel ルーク・ケイジ』
2016年9月30日よりNetflixで配信