(7月13日水曜日)

『お台場イルミネーション“YAKEI”~デックス20周年記念 ポケモンVer.~』点灯式
お台場の夜景にロバート山本、マルちゃん、ピカチュウ、ボルケニオンたちが登場!!


12日、東京・お台場の商業施設「デックス東京ビーチ」は、開業20周年を記念し、ゲームの誕生から20周年を迎える「ポケットモンスター」の最新映画『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」』とコラボした特別イベント『ポケモン映画公開記念&DECKS20周年 夏休み!ポケモンピカピカフェスティバル』を、2016年7月12日(火)から8月31日(水)まで開催する。

オープニングセレモニーとして、「お台場イルミネーション“YAKEI”~デックス20周年記念 ポケモンVer.~」の点灯式が行われ、特別ゲストにお笑いトリオ・ロバートの山本とタレントのマルちゃん、さらに「ピカチュウ」と「ボルケニオン」が登壇した。

ロバート山本、マルちゃんはテレビ東京で放送中の番組「おはスタ」内のポケモン部で活躍している二人でポケモン好き。ロバート山本は「ポケモン部では、ポケモン好きの芸能人に声をかけ、集めてて、いまでは30人ぐらいいます!」と話し、どんどん規模を拡大しつつあるようだ。また、現在14歳のマルちゃんは「女優を目指している」と話し、毎日、朝は学校に行く前に「おはスタ」に出演と忙し日々を送り、夢は女優!と目標にしているそうだ。

引き続きトークでは、ポケモンの最新映画『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」』の話しになり、既に映画を鑑賞したという山本。これを聞いたマルちゃんは「いいな〜まだ観てないので、前売り券を弟と一緒に近所のコンビニで買いました」と嬉しそうに話し、映画の中でも楽しみにしているのは「やっぱりバトル!メガシンカも気になる!」と期待を込めた。

そして、いよいよ点灯式!ロバート山本、マルちゃん、ピカチュウ、ボルケニオンで、点灯カウントダウンを行い、ピカチュウの「ピカチュウ!」と掛け声とともにイルミネーションが点灯!お台場ビーチを彩り、点灯式イベントを終えた。
(オオタマコト)


今回の20周年迎え、『ポケモン映画公開記念&DECKS20周年 夏休み!ポケモンピカピカフェスティバル』が開催。イベントでは様々なコンテンツが用意され、ここでしか見られないポケモン映像を使ったイルミネーションを展開する「お台場イルミネーション“YAKEI”~デックス20周年記念 ポケモンVer.~」や屋外体感型イルミネーション「ILLUSION DOME(イリュージョンドーム)」では、今回のイベントでしか見られないスペシャルコンテンツを展開。ドームの中に立つと、360度ポケモンたちの映像に囲まれ、まるでポケモン映画の世界に迷い込んだような体験ができる。

全長約200mに渡る「樹木イルミネーション」では、アーティスト・YUKIが歌う映画主題歌「ポストに声を投げ入れて」と連動して輝く演出など、光と音で映画の世界観を感じることができ、さらに、樹木イルミネーションと東京湾を一望できるスポットには
「ピカチュウ&マギアナのハート型フォトスポット」が登場。

「ピカチュウ」と幻のポケモン「マギアナ」と一緒に写真を撮れるだけでなく、設置されたスイッチを押すと光と音の演出も楽しめる。


映画『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」』
突然現れた幻のポケモン「ボルケニオン」と鎖で結ばれてしまったサトシ!未知なる力を秘めた人造ポケモン・マギアナを巡り、ポケモン史上最もあついバトルがはじまる!

映画公式サイト
7月16日(土)より、全国公開!

『DECKS20周年 夏まつり!』
詳細はこちらを参照