(8月5日金曜日)

映画『ハルを探して』試写会
注目の女優・佐藤菜月 17歳


8月6日(土)の公開に先立ち、7月26日に東京・下北沢トリウッドにて映画『ハルをさがして』の試写会が行われた。この日は監督、キャストによる舞台あいさつもあり、メガホンを取った尾関玄監督をはじめ、等身大の中学生を演じた小柴大河(ノボル役)、小泉凱(マサル役)、橋本一輝(ヒロキ役)とヒロインの佐藤菜月(チエコ役)が登壇した。

本作は、2014年に都内と福島県いわき市と福島県田村郡小野町で撮影を行い、震災で被災した動物の保護活動をしているペットシェルター「LYSTA」や小野町商工会や一般の方が声を挙げ、多くの方々に協力を得て完成したという。登壇した4人は等身大の中学生を演じ、彼らの目線で福島での旅が描かれている。

今回、本作でヒロインを務めた佐藤菜月に注目してみた。佐藤が演じるチエコは東日本大震災後、福島から東京に引越し、その際に福島に残してきた愛犬「ハル」の飼主。この「ハル」が行方不明になったことから4人での旅がはじまる。

撮影時の思い出を聞かれると佐藤は「夏休み中の撮影で楽しくできた」と話し、「撮影の現場は監督とプロデューサーが同級生ということで、ワイワイしていて、撮影の休憩中はふざけてばかりいて、楽しかった夏休みの思い出です」と撮影を振り返り笑顔をみせた。佐藤の所属する事務所は先輩に宮﨑あおいや多部未華子が在籍する。彼女の今後の活躍にも注目したい。


【本編の見どころ】

チエコに淡い恋心を抱くノボルと、異性に興味津々なマサルとヒロキたちがチエコの愛犬『ハル』を探すために4人で福島を旅する。この旅の中で出会う人物やエピソードは、思春期の中学生たちというのもあり、そこの笑いが盛り込まれていたり、美しい福島の風景とラストにみせるチエコの表情が印象に残る。さらにVシネマの四天王・俳優の小沢仁志や演技派女優の洞口依子と実力派の二人のベテランたちも出演し、主題歌『呼んでくれ』を甲本ヒロトが担当している。

(オオタマコト)



【STORY】
2012年夏。ノボルは都内で暮らす中学3年生。 同じクラスのマサル、ヒロキと冴えない学校生活を送っている。そんなノボルは同じクラスのチエコに秘かに思いをよせている。夏休みになると彼女にも会えなくなってしまうし、受験シーズン突入の季節を前になんだか気が重い。ある日、ノボルはチエコから依頼を受ける。チエコの家族は東日本大震災後、福島から東京に自主避難してきていた。 その際に故郷に残してきた愛犬「ハル」が行方不明になっているらしく、一緒に福島へと行き、さがして欲しいと言うのだ。ノボル達は淡い期待を胸にチエコと同行を決める。ハルをさがすひと夏の冒険が始まった――。


映画『ハルをさがして』
小柴大河 佐藤菜月 小泉 凱 橋本一輝 / 洞口依子 小沢仁志
才藤了介 緒川 凛 齋藤あきら 武藤令子
川崎裕子 蛭田智道 牧 純矢 桜 あん
企画.製作.配給.宣伝/ISHIO 
プロデューサー: 内藤 諭 
脚本.監督: 尾関 玄
音楽監督: 遠藤浩二 撮影監督: 栗田東治郎 録音.整音: 小牧将人
編集: 石川真吾 制作担当: 今井尚道 衣装:Ka na ta 
ヘアメイク: 松本智菜美 スチール: 河内純子 助監督: 佐藤純也
主題歌「呼んでくれ」 甲本ヒロト

映画『ハルをさがして』
下北沢トリウッドにて公開中!

HOME