(7月28日木曜日)

映画『PK』ジャパンプレミア
檀れい、インド映画にラージクマール・ヒラニ監督から熱烈オファー!!


28日、東京・インド大使館で行われた映画『PK』ジャパンプレミアに本作でメガホンを取ったラージクマール・ヒラニ監督が出席した。


本作は全世界で大ヒット上映しており、興行収入100億円突破にして大絶賛の話題作。

世間の誰もが”常識” として片付けていた問題に純粋な心で疑問を投げかけ、周囲も少しつづ影響されていく。 そしてPKの小さな疑問が、やがて大きな社会問題へと発展していき大騒動を巻き起こしていくヒューマンドラマとなっている。

今回、ラージクマール・ヒラニ監督は初来日。日本を知るきっかけが映画だったと話し、黒澤明作品の七人の侍にはじまり、用心棒、生きるまで見逃した作品はないという。また、お寿司が好物とあって、お寿司ばかり食べているというヒラニ監督。

この来日を記念して、ヒラニ監督の大ファンという山崎貴監督と女優の檀れいが花束を持って登場し、ヒラニ監督に花束を贈った。
まだ本作を観たばかりで余韻が残っているという檀は「いま言葉にできないでいるのに隣にヒラニ監督がいて、心が落ち着かない状況です」とコメント。

前作「きっと、うまくいく」の大ファンという山崎は「自分も映画を作っているので、『これはやられた!』と思わないように、どこかバリアを張ってるんですが『PK』にはやられました。宝物のような時間をもらいました」と感想を述べヒラニ監督との対面に嬉しそうな表情をみせた。

引き続き、檀からも「思い出すと涙が出るというか…ハラハラされせられたり、笑ったり、次に何が起こるか、とても感情が忙しかったです。そして愛おしくて涙が止まらなかったです」と薄っすら涙を浮かべ言葉を詰まらせながらも感想を述べエンタテインメントの素晴らしさを再認識したという。この感想を聞いたヒラニ監督は「日本で、インド人の男性と日本人の女性が恋に落ちるラブストーリーを撮りたいです。僕は監督ではなく出演者で」と話し会場を沸かせ、また檀には「お美しいのでインド映画に出演しませんか?」と熱烈なオファーをすると、檀は「踊りの練習をしておきます」と笑顔で応えニッコリ。「約束しましょう!」とヒラニ監督も笑顔をみせた。
(オオタマコト)



【STORY】 
大切なことはぜんぶ、PKが教えてくれたー
留学先で悲しい失恋を経験し、今は母国インドでテレビレポーターをするジャグーは、ある日地下鉄で黄色いヘルメットを被り、大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の飾りをつけてチラシを配る奇妙な男を見かける。チラシには「神さまが行方不明」の文字。ネタになると踏んだジャグーは、「PK」と呼ばれるその男を取材することに。「この男はいったい何者?なぜ神様を捜しているの?」しかし、彼女がPKから聞いた話は、にわかには信じられないものだった。驚くほど世間の常識が一切通用しないPKの純粋な問いかけは、やがて大きな論争を巻き起こし始める―。

映画『PK』
監督:ラージクマール・ヒラニ「きっと、うまくいく」 
出演:アーミル・カーン「きっと、うまくいく」、アヌシュカ・シャルマ「命ある限り」、スシャント・シン・ラージプート、サンジャイ・ダット
提供:日活、ハピネット
配給・宣伝:REGENTS

公式HP:http://pk-movie.jp

映画『PK』
10月29日(土)全国ロードショー!