(8月18日木曜日)

映画『ジェイソン・ボーン』ジャパンプレミア・レッドカーペットイベント
マット・デイモン、くまモンとニッコリ!笑顔でツーショット!!


18日、マット・デイモン主演×ポール・グリーングラス監督の最強タッグ復活で再び放つ 「ボーン」シリーズ最新作『ジェイソン・ボーン』のプロモーションに主演俳優のマット・デイモンが9年ぶりに来日。東京・東京ミッドタウンで行われた映画『ジェイソン・ボーン』ジャパンプレミア・レッドカーペットイベントに出席した。


記憶を失い、愛する者を奪われた最強の暗殺者ジェイソン・ボーン。かつてない臨場感と極限のリアリティで映像表現に革命を起こしたアクション映画の金字塔「ボーン」シリーズ。最新作では、全世界が待ち望んだポール・グリーングラス監督とマット・デイモンのシリーズ最強タッグが復活し、さらに本年度アカデミー賞助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデル、そしてトミー・リー・ジョーンズやヴァンサン・カッセルといった名優が新たに加わり、孤高の暗殺者の物語は、遂に新章へと突入する。

会場に車で現れたマットは、妻のルシアナ・ボザン・バロッソとともに登場。レッドカーペットを歩き、あいにくの雨にもかかわらず、招待されたファンにマット自らシャッターを押すなど、ファンとのツーショット写真やサインなど快く応じ、雨の中の大サービスっぷりにファンは歓喜の声を挙げていた。

レッドカーペットからステージに登壇したマットは「雨の中、待っていてくれてありがとう! 心の底から感謝します!」と笑顔で集まったファンにメッセージを送った。

本作で、9年ぶりに再び「同じキャスト、スタッフが集結してこうして新たな作品を作れたことに、感謝するとともに、前三部作が終わり、僕もポール・グリーングラス監督も多くの人から『続編はいつ?』と聞かれた」と明かし、「多くのファンが、この機会を与えてくれたことに心から感謝しています!ファンのために新作をつくりました」とコメントした。

また、MCから4年後の五輪開催の時に東京にまた来日をしてくれますか?聞かれると、マットは「選手として競技に参加する資格はないけど、観戦のために、また戻ってこれたらと思ってます」と再び、4年後の来日に期待を持たせた。

イベントでは、マットの来日を祝い、スペシャルゲストにくまモンが登場!マットとガッチリと握手を交わした後に花束を贈った。過去にマットの出身地であるボストン、出身校のハーバード大学を訪れたことがあるというくまモン。マットとくまモンのツーショットを披露し、ニッコリ、笑顔でイベントを後にした。
(オオタマコト)


映画『ジェイソン・ボーン』
監督:ポール・グリーングラス 脚本:ポール・グリーングラス、クリストファー・ラウズ
キャラクター原案:ロバート・ラドラム
出演:マット・デイモン、ジュリア・スタイルズ、アリシア・ヴィキャンデル、ヴァンサン・カッセル and トミー・リー・ジョーンズ
配給:東宝東和

公式サイト:BOURNE.jp

映画『ジェイソン・ボーン』
10月7日(金)よりTOHOシネマズ スカラ座ほか全国公開