(8月31日水曜日)

映画『アングリーバード』親子・夏休み特別試写会
元サッカー日本代表・前園真聖、子供たちの厳しい反応にアンガーマネージメント!


31日、10月1日公開の映画『アングリーバード』親子・夏休み特別試写会が都内某所で行われ、元サッカー日本代表の前園真聖が出席。このイベントは、怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」の普及を行う、一般社団法人日本アンガーマネジメント協会とのコラボレーションとなっており、代表理事の安藤俊介も登壇した。

安藤は「2015年アメリカで公開されたのを知り、主人公のレッドがアンガーマネジメントを学ぶというシナリオがわかっていたので、アンガーマネジメントを日本に普及している弊会にぴったりだと思い、ソニーピクチャーズエンターテインメインとさんに今回のコラボをオファーしました」と解説。

このコラボレーションイベントでは、本作で、初の声優にチャレンジした元サッカー日本代表にして、アンガーマネジメントファシリテーターの資格を持つ前園。「長期休養期間中にアンガーマネジメントを学び、これまで怒っていたような、些細なことでは怒らなくなった。」と、心情の変化があったことを明かした。

今回、声優初挑戦にして、一人二役を演じた前園は、「キャラになりきってアフレコするのが難しくて、二役とも台詞は少ないのに何度も録り直し、役のために飼っているミニブタの鳴き真似を一週間研究したのに、あまり意味がなかったです」とアフレコでのエピソードを語り、会場の笑いを誘った。

またイベントでは、来場した親子から「意見がぶつかってイライラしてしまうときはどうすればいいですか」と質問され、前園は「ぶつかってしまうと解決しないので、相手の意見を尊重し、30分話し合う時間を設けることが大切だと思います」とのアドバイスに会場の全員も納得の様子をみせた。

子供たちの中にはユニフォームを着たサッカー好きな男の子もいて、前園のことを聞くと「知らない…」との答えに前園も上を見上げ悔しげな表情をみせ、この悔しい怒りの感情を抑えるも、元サッカー日本代表であることも、いまの子供たちには知られていないようだった。

最後に前園から「“怒り”は人それぞれ絶対にあるものです。アンガーマネジメントを学んで“怒る”ことで人を傷つけ、自分も傷つくことを知り、相手を理解することでうまくコミュニケーションが取れるようになると思います」とコメントし、集まった子供たちと笑顔で記念撮影しイベントを終えた。
(オオタマコト)



【ストーリー】
太いまゆ毛がトレードマークで怒りんぼうのレッド、おしゃべりでお調子者のチャック、身体はデカいがビビリのボムの3羽が、ピッグ軍団に盗まれた大切な“タマゴたち”を取り返すために伝説のヒーロー“マイティーイーグル”を探す旅に出る。愉快なトリオの大冒険が始まる!!

映画『アングリーバード』
監督:ファーガル・ライリー、クレイ・ケイティス 
製作:ジョン・コーエン『怪盗グルーの月泥棒3D』
日本語吹替版声優
坂上忍(レッド)
りんか&あんな(ベイビーバード)
前園真聖(ジョニー/ピッグセブン)


映画『アングリーバード』
10月1日(土)新宿ピカデリー他全国ロードショー!

HOME