(9月17日土曜日)

『第9回したまちコメディ映画祭in台東』特別招待作品
映画『ぼくのおじさん』オープニング上映!!


17日、映画『ぼくのおじさん』が『したまちコメディ映画祭in台東』にて、オープニング作品として上映された。舞台挨拶には俳優の松田龍平が出席。先に行われたレッドカーペットイベントにも参加した大西利空(子役)、須藤泰司(企画・脚本)らも共に登壇した。

本作は、世紀版「男はつらいよ」の誕生!
芥川賞作家・北杜夫が持ち前のユーモアを存分に発揮した同名小説を映画化。困った大人だけどどこか憎めない"おじさん"と子どもとは思えないしっかり者の少年、可愛らしい凸凹コンビが織りなすロードムービー。

上映後に拍手で迎えられ、本作で、おじさん役を演じた松田は「初めて見て頂いて、ありがとうございます。登壇を待っている間、笑い声が聞こえてきて幸せでした」と挨拶し、安堵の表情をみせた。
ぼくこと、春山雪男を演じた利空くん「今まで2回しか映画をやっていなくて慣れてなかったけれど大きな役で出させてもらえて嬉しかったです!」と喜びの声を伝えた。
話の中でも撮影でハワイを訪れた時のこと、利空くんは「楽しんでました。少し時間が空いたらすぐに海へ行ってました!」と満喫していた様子。一方、松田は「結構誘ってくれたんですが、僕は万年床でごろごろしてました。何度か行きましたが」と劇中さながらの“おじさん”ぶりをみせていたことに客席を大いに沸かせた。
(オオタマコト)


【ストーリー】
学校の作文コンクールの宿題を課せられた小学生のぼく=春山雪男(大西利空)。「自分のまわりにいる大人について」というのがテーマ。公務員の父(宮藤官九郎)と専業主婦の母(寺島しのぶ) では面白いものが書けそうにない。居候している“ぼくのおじさん”(松田龍平) 、大人のくせに万年床に寝転がってマンガばかり読み、時には僕をダシにお母さんからお小遣いをもらうこともある大人。雪男は 、そんなおじさんを題材に作文を書くことにする。そんなある日、おじさんのお見合い話が持ち上がった。乗り気のないおじさんだったが、目の前に現れたお見合い相手はハワイの日系四世で絶世の美女・稲葉エリー(真木よう子)。ぼくの心配をよそにおじさんはエリーに一目惚れ!だが、エリーは祖母が経営するコーヒー農園を継ぐためにハワイへ帰ってしまう。エリーに会いたい一心 、あの手、この手を駆使してハワイへ行く策を練るおじさんだが、ことごとく失敗。・・・だが、奇跡が訪れ、ハワイに行けることに。おじさんと雪男はエリーを追いかけてハワイへ行くが、なぜか和菓子屋の御曹司、青木(戸次重幸)もやってきた!どうなるおじさんの恋?


映画『ぼくのおじさん』
原作:北杜夫「ぼくのおじさん」(新潮文庫刊『ぼくのおじさん』所収)
監督:山下敦弘
脚本:春山ユキオ
音楽:きだ しゅんすけ
出演:松田龍平、大西利空、真木よう子、戸次重幸、戸田恵梨香、寺島しのぶ、宮藤官九郎、キムラ緑子、銀粉蝶
製作:「ぼく おじさん」製作委員会
製作プロダクション:東映東京撮影所 マッチポイント
配給:東映

映画『ぼくのおじさん』
11月3日(木・祝)全国ロードショー!


【したまちコメディ映画祭とは?】
2008年11月、東京都台東区において誕生した日本初の本格コメディ映画祭「したまちコメディ映画祭in台東」(略称したコメ)。
「したコメ」は、「映画(Cinema)」「したまち(Down town)」「笑い(Comedy)」という3つの要素を掛け合わせることで、映画人、喜劇人、地元の皆さん、映画・喜劇を愛する皆さんが一体となって盛り上がれる、これまでの首都圏の映画祭にはない住民参加型の映画祭。

『第9回したまちコメディ映画祭in台東』は、9月16日『金)~9月19日(月・祝)まで開催中!
公式サイト:http://www.shitacome.jp/2016/