(9月19日月曜日)

映画『オケ老人』敬老の日完成披露試写会
杏、笹野高史に力?!でなく感謝を込めて肩たたきのプレゼント!!


19日、女優の杏が初主演を務めた映画『オケ老人』の完成披露試写会が、東京・ニッショーホールで行われ、女優の杏が出席。今年の5月に双子を出産し、女優復帰後、初のイベントとなる。

この日は、共演の黒島結菜、坂口健太郎、笹野高史、小松政夫、石倉三郎、藤田弓子のキャスト陣に加え、メガホンを取った細川徹監督も共に登壇した。



双子の女児を出産した杏は「新しい発見の毎日。今日、久しぶりに来て、こういう世界にいたなあって。ずっと家の中にいたので、皆さんに会えてうれしいです」と客席を見渡し笑顔をみせた。初の主演作について「老人という言い方をしちゃうとあれなんですけど、皆さんが誰よりも元気だから、負けないようにと逆に元気をもらった現場で楽しかった!」と撮影の雰囲気は楽しい現場と、なったようだ。

また、9月19日は敬老の日。杏も共演者の笹野に感謝を込めて、肩たたきのプレゼント。準備をする杏は、しっかりと両手に力を入れ、ここぞとばかりに感謝ならぬ力を込めての肩もみに笹野から「痛たたた…!」と苦悶の表情を浮かべるという二人の芝居に客席を大いに沸かせ、大爆笑!その後は、感謝を込めてしっかりと肩をたたき、笹野も気持ち良さそうな表情をみせ「いい塩梅。あと三年は長生きできる」と大満足!報道陣も客席も会場全体が笑いに包まれた。

最後に杏から「自分の年齢がどうであれ、新しいことを始めるのに年齢は関係なく、チャレンジすること、始めた時がそのタイミングと思います。映画を見て少しでも明日への活力になればいいです」と作品をアピールし舞台を終えた。
(オオタマコト)


【STORY】
梅が岡高校に赴任してきた数学教師の千鶴(杏)は、ヴァイオリン演奏の経験を活かすべく、プロ並みのアマオケに入団・・・したつもりが、入った先は年寄りばかり、素人丸出しの《梅が岡交響楽団》だった。けれども、千鶴の入団を大喜びする老人たちに千鶴は自分の「楽団の名前を間違えた」という勘違いを言い出せないまま参加することになり、しまいには指揮棒を振るはめに ...。その上ライバルのエリート楽団も現れて、《梅響》の存続に危機が訪れる。


映画『オケ老人!』
出演
杏 黒島結菜 坂口健太郎 左とん平 小松政夫 藤田弓子 石倉三郎 茅島成美 森下能幸 萩原利久 フィリップ・エマール 飛永翼(ラバーガール) / 光石研 笹野高史
監督:細川徹
原作:「オケ老人!」 著:荒木 源(小学館文庫刊) 
製作:「オケ老人!」製作委員会
配給:ファントム・フィルム

公式サイト:oke-rojin.com

映画『オケ老人!』
11月11日(金)より全国ロードショー!

HOME