(9月26日月曜日)


Netflix オリジナルドラマ『Marvel ルーク・ケイジ』日本・最速限定試写会イベント

ブラマヨ小杉、イジられ過ぎて“よもぎ”になる!?



26日、9月30日からの世界配信に先駆け、Netflix オリジナルドラマ『Marvel ルーク・ケイジ』日本最速・限定試写会イベントが、東京・スペースFS汐留にて行われ、マーベル大好き芸人として、ブラックマヨネーズの小杉竜一が出席。竹若元博(バッファロー吾郎)、なだぎ武、修士(2丁拳銃)、玉城(セブンbyセブン)、おもしろ佐藤(御茶ノ水男子)らと登壇した。



今回、マーベル大好き芸人とし自ら熱望し参戦したという小杉。登壇した芸人たち全員がルーク・ケイジと同じ銃弾の跡の穴が空いたTシャツ姿で登場!その姿に客席の笑いを誘った。マーベル大好き芸人に加わることを熱望する小杉に全員から、「頭の薄さは確かにルーク・ケイジっぽい」とイジられる始末。他の芸人たちが、マーベル愛を語る中、アピールできず、いつもの調子とはいかず、小杉は「あとでスタッフに怒られる…」と困り顔。ルーク・ケイジについて、ヒーローになりたくないヒーローに「僕もハゲたくないのにハゲていく…」と、ネタにする小杉に会場は大きな笑いに包まれた。



最後に『鋼の肉体をもつ無敵のヒーロールーク・ケイジには誰が相応しいか?』を決めるため、全員で足つぼマットに挑戦!チャレンジした小杉は、痛みに耐えられず、ひっくり返り「痛い!痛たたた!」と、大絶叫!!


最後には他の芸人たちから緑のTシャツ姿を「よもぎ!」とイジられ、無敵のヒーロー!ルーク・ケイジのイメージから“よもぎ”という結果に小杉も最後にはなりきってしまい客席を大いに沸かせイベントを終えた。

(オオタマコト)



『Marvel ルーク・ケイジ』とは、主人公のルーク・ケイジは、銃弾やチェーンソーでも歯が立たない鋼の肉体を持つ男。このルーク・ケイジを主人公にしたドラマは『Marvel ルーク・ケイジ』が初。2016年9月30日よりNetflixで配信が開始される。


Netflixオリジナルドラマ

『Marvel ルーク・ケイジ』

2016年9月30日よりNetflixで配信



HOME