(10月1日土曜日)


映画『シンデレラゲーム』初日舞台挨拶

山谷花純、映画初主演に涙を堪え、苦しみ、喜び、感激!!



1日、映画『シンデレラ・ゲーム』が公開初日を迎え、本作で、映画初主演を務めた女優の山谷花純が舞台挨拶に出席。この日、シネマート新宿にて行われた舞台挨拶には共演の吉田明加(Chu-Z)、春川芽生、佐々木萌詠、清水あいり、阿知波妃皇、其原有沙(元乙女新党のメンバー)、水木彩也子、西岡瑠南らキャスト陣とメガホンを取った加納隼監督らもともに登壇した。



本作は、所属しているアイドルユニットの解散公演を終えた沙奈が孤島に拉致され、勝ち抜けばトップアイドルになれるというトーナメント制のカードゲーム「シンデレラゲーム」に参加することを決意する。夢に敗れた女性アイドルたちが繰り広げる命を懸けたサバイバルカードゲームバトルを描く。

舞台挨拶にはキャスト陣の全員が劇中の衣装で登壇とあって、客席は大盛り上がり!公開初日を迎え、主演を務めた山谷は「多くのお客さんが来てくれて嬉しいです。出演が決まったのが、クランクインの2週間前。短く怒涛の撮影期間でしたが、皆さんに届けることができて、只々、ほっとしています。」と述べ、客席からの大きな拍手をもらい、喜びの表情をみせた。


主演に抜擢された際に「私にとって主役というのは、手を伸ばしてもなかなか届かなくて、常に自分の胸の中でいつかいつかと叫んでいた存在」と、コメントしていた山谷。この時から撮影のクランクアップまで、撮影時を振り返り、「毎日殺されるんじゃないかと思って現場に来ていた」と思っていたという。


また「役柄的にも、いちばん人の死に敏感な役だったというのもあり、撮影期間が短かったからこそ、そこまで自分を追い込んだほうが、この作品にとっても自分にとってもプラスになるだろうなって思いました。初主演という特別な想いがあった上で、自分を追い込んでた」と話し、撮影時を振り返った。


加納監督に山谷の印象を聞くと「凛として、貫禄がありました。撮影が終わった時に、張り詰めていた糸がプツンと切れたように、脱力し、泣き、本当にしんどかったって心から言っていました。」と、相当なプレッシャーを感じてたことを聞き、「山谷さんは、10代の女の子だったんだなって思い返したぐらい」と、山谷のプレッシャーを感じとったと振り返った。山谷も「監督にそう言っていただけて嬉しいです」と率直な喜びの声を言葉にした。


最後に山谷は「この作品のクランクインの日に大切な人が亡くなりました。夢を追いかけるということは、得るものも多いけど、なくすものも多いなと、役を通してですが強く感じることが出来ました。自分の夢を追うことは、一人じゃできないことだからこそ、たくさんの人に力を借りて、少しずつ一歩一歩大きく成長していけたらいいなと、改めて思わせていただけた、そんなシンデレラゲームという作品になっています。」とメッセージを贈った。

(オオタマコト)




【ストーリー】

「低迷アイドルのみなさん、トップアイドルを目指して殺し合いをして頂きます!」


所属するアイドルグループの解散公演を終え、悲しみに暮れる沙奈(山谷花純)目覚めるとそこは孤島だった。周りには同様に拉致されたアイドルたちの姿が、そこにタキモト(駿河太郎)と名乗る男が現れる。「アイドル業界から捨てられたクソゴミアイドルのみなさん、おめでとうございます!あなたたちにはこれからシンデレラゲームに参加して頂きます!ルールは簡単。トーナメント制のカードバトルを勝ち抜けば、トップアイドルになれるという。ざわめく少女たち、亡き姉の夢を継ぎ、再びトップアイドルを目指すため、沙奈もゲームへの参加を決意する。しかし、彼女たちはまだ知らない。敗者には死が待っていることを…。




映画『シンデレラゲーム』

出演:山谷花純

吉田明加 春川芽生 佐々木萌詠 清水あいり 阿知波妃皇 其原有沙 水木彩也子 / 駿河太郎

監督:加納隼 脚本:いながわ亜美

原作:新井淳平「シンデレラゲーム」AMG出版刊

企画・配給:AMGエンタテインメント 制作:メディアンド

公式サイト cinderella-game.com 


映画『シンデレラゲーム』

シネマート新宿、シネマート心斎橋 にて公開中!


HOME