(10月14日金曜日)


フル3DCGアニメーション映画『GANTZ:O』初日舞台挨拶

小野大輔「これはGANTZだ!GANTZファンとして、“ありがとう”」と感謝感激!!



14日、フル3DCGアニメーション映画『GANTZ:O ガンツ:オー』が公開初日を迎え、東京・TOHOシネマズ新宿にて、キャストとスタッフによる舞台挨拶が行われた。舞台にはキャストの小野大輔(加藤勝役)、M・A・O(山咲杏役)、郭智博(西丈一郎役)、池田秀一(鈴木良一役)とスタッフからは川村泰監督、さとうけいいち総監督が登壇した。


本作は、死んだはずの人間達と謎の星人との壮絶な死闘を描いた奥浩哉による大ヒットSFアクションコミック「GANTZ」。 その原作コミック「GANTZ」の中でも最も人気の高い「大阪編」を完全映画化!主人公の玄野計が死亡した世界で、加藤勝を筆頭に、東京と大阪のガンツチームが「妖怪軍団」に闘いを挑むストーリーとなっている。


公開初日を迎え、本作の感想を求められると、主人公の加藤勝役を担当した小野は「いち役者としても、いちGANTZファンとして、“ありがとう”と思いました」と、率直にして心から本作に感謝の言葉を寄せ、「3DCGっていう新しい技術で描かれ、とてもスタイリッシュ。声を吹き込むまでは実感が湧かなくて、最終的に見て思ったのは、『これは!GANTZだ!』って思って。いままで読んで来た俺たちの好きなGANTZ!これだけのクオリティで完成して、本当に嬉しかったです」と、その完成度に小野も感慨がはかり知れない様子をみせた。


次に山咲杏役を担当したM・A・Oは「すごい素敵な作品で胸を張れるし、感動したのと、CGでしか表現出来ない細かい部分も素敵に綺麗に表現されてて、いち役者として携われたことに、すごく幸せと感じました」と喜びの声とともに笑顔をみせた。


また、郭も西丈一郎役を担当して「連載からファンだったので、最高な形で関わることができて凄く幸せに思いました」と、嬉しさを声にし、ベテラン声優の池田は鈴木良一役を担当し「映像的にも凄いですね。いつもは頼もしい役が多いのですが、今回、ちょっとハゲてるおじさんをやらせてもらい、久しぶりにとても勉強になりました。小市民的なところは自分に近いです」と、これまで演じることの少ない貴重な役に面白さを感じてるようだった。


本作はフル3DCGアニメーション。2011年から約5年かけ完成。スタッフも関わる側もGANTZ愛に溢れていて熱量も凄かったという。今回、体感型上映システムのMX4Dと4DXでの上映もあり、川村、さとう両監督から「二人で監修して、水がパッシャン、パッシャンかかるし、座席もガックン、ガックンします。そして、いい匂いも。是非、観て頂ければと思います」と話すと、「どこで、いい匂いするんですか?」と小野も興味を示し、さとう監督から「あなたは分かるでしょ!」と一蹴されるも「フウー!」と小野。このやり取りに笑いが起こる一幕も。


また今回、『GANTZ:O』大好き応援隊ということで、女優の橋本マナミ、タレントのGENKING、リオ五輪レスリング女子48キロ級 金メダリストの登坂絵莉が登場!登坂は金メダルを手に「戦うことが好きなので、ぬらりひょんと戦ってみたいです!私のタックルなら簡単に倒せると思います!」と、その自信に会場を大いに沸かせた。


最後に小野から「GANTZが大好きです!そんな熱量が、たくさん注ぎ込まれています。最新の技術によって、スタイリッシュでとても綺麗で迫力のある映像で描かれている作品です。でも、いちばんは、そこに込められている、必死で生きる人間の熱い魂だと思います。ガンツ:オーをよろしくお願いします!」とメッセージを贈り舞台挨拶を終えた。

(オオタマコト)




【ストーリー】

地下鉄で事件に巻き込まれ、命を落とした高校生の加藤勝。

次の瞬間、加藤はマンションの一室にいた。そこで玄野というリーダーを亡くし失意の東京チームと出会う。彼らと共に転送された先は、東京ではなく、火の手があがる大阪の街だった。加藤は命がけのサバイバルゲームに挑むこことなる。

曲者揃いの大阪チームとの遭遇。強力な妖怪型の星人軍団=百鬼夜行との戦闘。

シングルマザーでありながら戦いに身を投じていた大阪チーム山咲杏との出会い。

さまざまな事態に翻弄されつつも、加藤はたった一人の家族である弟のもとへ

帰るため、死線を潜り抜けていく。

やがて、加藤らの前に大ボス「ぬらりひょん」が立ちはだかる・・・!



フル3DCGアニメーション映画『GANTZ:O』

【CAST&STAFF】

小野大輔 M・A・O 郭智博 早見沙織 池田秀一

ケンドーコバヤシ レイザーラモンHG レイザーラモンRG

津嘉山正種 小野坂昌也 津田健次郎 小川輝晃 吉田尚記 梶裕貴

 

原作:奥浩哉

総監督:さとうけいいち

監督:川村泰/脚本:黒岩勉/音楽:池頼広

制作:デジタル・フロンティア/配給:東宝映像事業部/製作:「GANTZ:O」製作委員会

主題歌:「人間ビデオ」/ドレスコーズ(キングレコード)

第73回ヴェネツィア国際映画祭 正式出品作品

第49回シッチェス・カタロニア国際映画祭 正式出品作品

第29回東京国際映画祭 正式出品作品


公式HP:http://gantzo.jp

GANTZポータルサイト:http://gantzx.jp

 

フル3DCGアニメ映画『GANTZ:O』

大ヒット公開中!


HOME