(10月18日火曜日)


映画『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』公開記念イベント

ピース綾部「男性版ブリジット・ジョーンズです!」



18日、東京・アキバシアターにて行われた映画『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』公開記念イベントにお笑い芸人界きってのイケメン芸人と名高いピースの綾部祐二が出席。フリーアナウンサーの高橋真麻とともに登壇した。


本作はお酒はかなり飲み、タバコは止められず、体重はいつもオーバー気味。補正のデカパンツは欠かさず、ドジっぷりもハンパなく、自分に甘くて立ち直りがやたらと早い…。恋に夢中だがキャリアも大事という崖っぷちアラサー大人女子。「幸せになりたい!」と奮闘する姿を描く『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズの3作目。


先日、ハリウッド進出を目指すと発表し、熟女好きで知られる綾部。恋愛はフィーリング派という綾部は「男性版ブリジット・ジョーンズみたいなもの」と話し笑いを誘った。



この日の会場には一般の30〜40代の女性が招待され、その女性たちからのお悩み相談の質問に綾部らが答えた。


Q:同窓会で彼氏がいるのに、昔好きだった人と盛り上がり食事に行こう、デートに行こうとなった時はどうしますか?


綾部:その時の状況じゃないかな…自分が好きだった想いと、その人が『いまでも、そんなに綺麗なんだ』と思うタイミング、雰囲気でブリジット魂が出ちゃいます!ないとは言えないです。


高橋:幼稚園から大学まで女子校で、先日も同窓会に行ったんですけど、全員女子なので、そのシュチュエーションにはならないので、その場合は「みんなで行きましょう」となりますね。


また綾部からは「恋愛は男性の方が元カノとかに連絡してしまったりとか、女性の方が過去の人を引きずらない。男性はウジウジ引きずったりしますから」と語り、「同窓会とかは怖いですよ」とアドバイスした。


高橋から綾部に結婚について「焦らないですか?」と聞かれ、綾部は「地元に帰って友達とか子供が2人いるとかみると、『いいなー』とは思うけど、35歳を過ぎた頃から徐々に結婚しなきゃダメだよなと思うようになってきた」と明かし、「来年、40歳ですし、ここ2、3年で流れは変わってきて、ここから、さらに何段階か結婚に対して変わってくるかも」と、自身の結婚観を語り、来年からハリウッド進出を目指すという目標のある綾部。高橋から「一緒に頑張りましょう!」とエールを送った。

(オオタマコト)





【ストーリー】

アラフォーになったブリジットは、なぜか未だ独身。彼女が愛した男はといえば、なんとダニエル(ヒュー・グラント)は事故で亡くなり、マーク(コリン・ファース)は別の女性と結婚し、さらには離婚調停中。しかし今やテレビ局の敏腕プロデューサーとなったブリジットにハンサムでリッチ、性格もナイスなIT企業の社長、ジャック(パトリック・デンプシ ー)とのドラマチックな出会い(モテ期!)が訪れる。

いつもの天然っぷりから彼と急接近する一方で、マークとも再会を果たすブリジット。

またしても2人の男性に揺れ動くことに…。2人のイケメン男性どちらを選ぶのか?今度こそ結婚?




映画『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』

出演:レニー・ゼルウィガー、コリン・ファース、パトリック・ デンプシー、ジム・ブロードベント、ジェマ・ジョーンズ、エマ・ トンプソン、ダン・メイザー

監督:シャロン・マグアイア 脚本:ヘレン・フィールディング、エマ・トンプソン、ダン・ メイザー  原作:ヘレン・フィールディング  

製作国:イギリス

配給:東宝東和

公式サイト: bridget-jones.jp


映画『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』

10月29日(土)全国ロードショー!



HOME