(10月26日水曜日)



映画『オケ老人』プレミア試写会

坂口健太郎「吸い取られる…」とベテラン勢のパワーに圧倒される!


俳優の坂口健太郎が、26日に行われた、杏が映画初主演となる映画『オケ老人』のプレミア試写会に出席。主演の杏をはじめ笹野高史、左とん平、小松政夫、石倉三郎、藤田弓子、茅島成美、黒島結菜、細川徹監督らとともに舞台挨拶に登壇し、オールキャストが集結した。


杏の演じる高校教師・千鶴の同僚で後輩の英語教師・坂下役を演じる坂口。劇中では、いつも笑顔。また料理好きな一面もある。そんな坂口が演じる後輩教師に千鶴(杏)は、恋心を抱いていく。この舞台挨拶にはキャストのベテラン俳優勢も登壇していることから、もうマイクを握るとやりたい放題。その中でも小松政夫は、「また、また、またお会いしましたねー本格的なオーケストラ、みんな真剣に真剣に練習しました。ごゆっくりご覧ください。それでは後でお会いしましょう!」と、映画解説でお馴染みの淀川長治のものまねで挨拶し、拍手とともに客席の笑いを誘い大いに沸かせた。




坂口は、本作ではオケの一員ではないが、撮影時のことを語ってくれた。

「一緒するシーンがあって、こっちで声が聞こえたと思ったら、あっちで、みんながワーワーやっててそれがどこまでアドリブか、どこからがセリフか分からなくなっちゃうくらい凄く賑やかで、どっちを向いて良いのか分からないぐらい楽しい現場でした。」と振り返り、またベテラン俳優勢に「そうですねー吸い取られる…じゃないですけど、押されることはありました」と、そのベテランパワーに圧倒されるほどだったという。



また、この舞台挨拶前には、本作の梅が岡交響楽団のモデルとなったオーケストラ:アンサンブル・ソナーレの演奏もあり、その中には原作者の荒木源もサプライズで参戦し演奏に参加していた。

(オオタマコト)



【STORY】

梅が岡高校に赴任してきた数学教師の千鶴(杏)は、ヴァイオリン演奏の経験を活かすべく、プロ並みのアマオケに入団・・・したつもりが、入った先は年寄りばかり、素人丸出しの《梅が岡交響楽団》だった。けれども、千鶴の入団を大喜びする老人たちに千鶴は自分の「楽団の名前を間違えた」という勘違いを言い出せないまま参加することになり、しまいには指揮棒を振るはめに ...。その上ライバルのエリート楽団も現れて、《梅響》の存続に危機が訪れる。



映画『オケ老人!』

出演

杏 黒島結菜 坂口健太郎 左とん平 小松政夫 藤田弓子 石倉三郎 茅島成美 森下能幸 萩原利久 フィリップ・エマール 飛永翼(ラバーガール)/ 光石研 笹野高史

監督:細川徹

原作:「オケ老人!」 著:荒木 源(小学館文庫刊) 

製作:「オケ老人!」製作委員会

配給:ファントム・フィルム


公式サイト:oke-rojin.com


映画『オケ老人!』

11月11日(金)より全国ロードショー!


HOME