映画『日本のいちばん長い日』完成報告会見

5月20日(水曜日)

20日、都内にて行われた映画『日本のいちばん長い日』完成報告会見に、役所広司、松坂桃李、堤真一、原田眞人監督らが出席した。

   本作は、昭和史研究の第一人者・半藤一利の傑作ノンフィクションを映画化した本作は、日本が破滅へと向かう太平洋戦争末期、祖国の未来を信じ、今日の平和の礎を築くため身をていして闘った男たちの壮絶なドラマを描く。

   今回、昭和天皇を演じた本木は、「この役はもともとわたしではなかったが、その方のスケジュールが合わず、自分にオファーが来た。」ことを明かし、義母で女優の樹木希林の後押しされ「アクシデントを受け入れて得をしたと思っています。」と語り、昭和天皇役を「受けるかどうか迷った。」という本木だが、「樹木さんから、『あなたにこの役が来た意味がある気がする。受けるべきなんじゃないかしら』と、背中を押していただいた。」と感謝を述べた。

 原田監督は、今回、「丸刈りにできるかどうかがポイントだった。」と明かし、丸刈りに抵抗はなかったか?と聞かれた松坂は「丸刈りは楽でいい。洗ってもすぐ乾くので。」と答え、笑みをみせた。

原田眞人監督による正しい天皇陛下が描かれる。
(オオタマコト)

この日の会見にて、戸田恵梨香と松山ケンイチが特別出演してることが発表された。

映画『日本のいちばん長い日』は8月8日より全国公開
配給:松竹/アスミック・エース