(10月31日月曜日)

映画『キム・ソンダル 大河を売った詐欺師たち』舞台挨拶

パク・デミン監督来日!俳優シウミンを語る!


31日、第29回東京国際映画祭 提携企画コリアン・シネマ・ウィーク2016にて、大人気KPOPグループ・EXOのシウミンが映画初出演となる『キム・ソンダル 大河を売った詐欺師たち』の先行上映が行われ、本作でメガホンを取ったパク・デミン監督が来日。東京・TOHOシネマズ新宿にて舞台挨拶が行われた。


パク監督は「日本の皆さんこんばんは!キム・ソンダルの監督のパク・デミンです」と日本語で挨拶し、満席の客席から歓迎の歓声をもらい笑顔をみせた。

本作は伝説の詐欺師キム・ソンダルと3人の詐欺師が暗躍する朝鮮時代。死屍累々の戦場から生き残ったソンダルは、「一度は死んだ人生。後は自由に楽しむだけ! 」 とばかりに、大胆不敵な詐欺を働き続ける。出演は 『 おばあちゃんの家』で国民的子役スターとなり、最近でも『ブラインド』など、映画、ドラマにと多く出演するユ・スンホ。そして人気絶頂のK-POPスターEXOのシウミンが本作で映画デビューを飾っている。

この舞台挨拶のトークの中でもパク監督は、本作で映画初出演となった人気KPOPグループ・EXOのシウミンについて触れ、撮影の時や俳優ぶりについて語ってくれた。

パク監督は「いまでもユ・スンホとシウミンは連絡を取り合っているんではないかな。撮影以外では、ユもシウミンのことを本名のミンソク兄さんと呼び、慕っていました。」と明かし、撮影後には、シウミンもコンサートに招き、ユもアイドルのステージを初体験したり、撮影現場では兄弟のようだったという。

また、演技が初めてのシウミンは撮影現場では、逆に子役から経験豊かなユから兄のように教えてもらっていたりと仲の良い姿をみせていたとパク監督は撮影現場での二人の様子を話してくれた。

本作での『キム・ソンダル』は本来の年齢よりも若く設定されており、パク監督は「若くてセクシーなキム・ソンダルを演技力のある若手にしたかった」と述べ、ユ・スンホにお願いし、その他のキャスティングにも個性をもたせ選んだと話し、これまで演技の経験がないシウミンのキャスティングは冒険だったと話し、本作でシウミンが演じたキョンは愛らしく可愛い要素が重要だったいう。

パク監督は「シウミンはアイドルとしての活動しているので、カメラを目で追ってしまい、カメラ目線になってしまいNGを多く出していた」と話していたが「俳優としてのシウミンは白紙の状態からスタートだったが、いろいろ吸収し、愛らしいキョンを演じ100%以上の表現をしてくれた」と絶賛した。

(オオタマコト)


【ストーリー】

天才的な頭脳とずば抜けた度胸を持つキム・ソンダルと3人の詐欺師たち。朝鮮中を神出鬼没に現れては、奇想天外の手口で権力者から金品を奪い取り、稀代の詐欺師集団として国中から追われていた。ソンダルたちのターゲットは朝鮮随一の価値を誇るたばこ。完璧な計画だったが、協力者の裏切りによって捕まる寸前まで追い込まれる。そんな中、その背後に朝鮮の民を清に売り飛ばした最高権力者の存在を知る。ソンダルたちは仲間たちの復讐のため、前代未聞の大博打に挑む。国家をも巻き込んだ壮大な詐欺計画がいま始まる!


映画『キム・ソンダル 大河を売った詐欺師たち』

監督:パク・デミン『影の殺人』
出演:ユ・スンホ『ブラインド』 シウミン(EXO)コ・チャンソク『シークレット・ミッション』 ラ・ミラン『国際市場で逢いましょう』

配給:CJ Entertainment Japan 


映画『キム・ソンダル 大河を売った詐欺師たち』

2017年1月20日(金)TOHOシネマズ シャンテ、TOHOシネマズ新宿ほか 全国順次ロードショー!


HOME