(11月26日土曜日)


映画『イタズラなKiss THE MOVIE 〜ハイスクール編〜』初日舞台挨拶

佐藤寛太がアドリブでみせた胸キュン!ポイントとは?




累計発行部数3500万部を誇り、永遠の乙女のバイブルとして日本のみならず世界中で愛されている多田かおる原作の人気コミックを映画化した『イタズラなKiss THE MOVIE 〜ハイスクール編〜』が公開初日を迎えた。26日、東京・TOHOシネマズ新宿にて舞台挨拶が行われ、主演の佐藤寛太 、ヒロインの美沙玲奈、共演の山口乃々華(E-girls)、大倉士門、灯敦生(ともりあつき)らとベテラン俳優の陣内孝則が出席。メガホンを取った溝口稔監督とともに登壇した。



朝の会場オープンからの上映にもかかわらず満席の客席に佐藤は「撮影は1年半ぐらい前で、僕ら公開を待ち望んでいたので公開され嬉しいです!」と喜びのコメント。

トークも進む中で、最近、胸キュンしたことを尋ねられた佐藤は「TSUTAYAに良く行くんですけど、そこで小さな女の子が財布を『はい!』と拾ってくれて、それに胸キュンしました!」と話し、「そんなことぐらいしかないんです…」という佐藤。また灯からは、劇場に足を運び本作を鑑賞したと話し、その中でも好きな胸キュンシーンがあるという。美沙が演じる琴子に佐藤が演じる入江が勉強を教えるシーンを挙げ「強い口調で教えているのに、不意にシャーペンを貸して!」というところと話すと客席からも共感の声が上がるほど。「これまで強い口調だったのに優しい!」と、これにキュンキュンしてしまったという。

佐藤からは「あのシーンはアドリブなんです」と明かし、素でやっていたとに客席からも歓声が上がり、佐藤は「普段、こんなこと言われないので」と顔を赤らめ照れ笑いをみせた。これから鑑賞する人は、この胸キュンポイントを見どころのひとつにすると良いだろう。

また陣内からテレビでは見せることのないパントマイム『カブトムシの脱臼』が披露される場面もあり客席の笑いを誘い、貴重な芸の見れた舞台挨拶となっていた。

(オオタマコト)

本作は、女子生徒の憧れの的・天才イケメン入江役に映画初主演となる佐藤寛太(劇団EXILE)。 勉強は大の苦手、ドジでおバカだけど友達思いのポジティブガール琴子役には新星、美沙玲奈。さらに、琴子の父に陣内孝則や入江の父役に石塚英彦、 母役に石田ひかりが揃って脇を固め、さらに入江と琴子を取り巻く個性豊かな仲間たちには山口乃々華(E-girls)、大倉士門、灯敦生(ともりあつき)らも加わり盛り上げている。




映画『イタズラなKiss THE MOVIE 〜ハイスクール編〜』

キャスト&スタッフ

佐藤寛太(劇団EXILE) 美沙玲奈 山口乃々華(E-girls) 大倉士門 灯 敦生 石塚英彦 石田ひかり 陣内孝則  ウド鈴木(キャイ〜ン特別出演) 文音 井出卓也 鶴久政治 佐藤瑠生亮 声 出演:水樹 奈々(友情出演)  

原作:多田かおる 監督・脚本:溝口 稔   

主題歌:Happiness「Always」(rhythm zone)

企画・制作:株式会社ミレ・ファクトリー 株式会社アジアピクチャーズエンタテインメント

エグゼクティブ・プロデューサー:依田 巽 上野由洋 統括プロデューサー:竹村友里 プロデューサー:市川 篤 百武弘二 撮影:堂前徹之 照明:大坂章夫

録音:小原善哉 編集:金子尚樹 製作:「イタズラなKiss THE MOVIE」製作委員会

配給:ギャガ・プラス 

(C)「イタズラなKiss THE MOVIE」製作委員会

(C)多田かおる/ミナトプロ・エムズ


公式サイト:itakiss-movie.com

映画『イタズラなKiss THE MOVIE 〜ハイスクール編〜』

大ヒット公開中!