(12月10日土曜日)


映画『闇金ドッグス 4』初日舞台挨拶

「本気!やる気!僕裕貴!」、「僕、青木!」山田裕貴、青木玄徳とのバディっぷりをみせたパフォーマンス披露!!



10日、山田裕貴の主演映画『闇金ドッグス4』の初日舞台挨拶が、東京・シネマート新宿にて行われ、主演の山田裕貴をはじめ、青木玄徳、升毅、髙橋ユウ、ジェントル、元木隆史監督らが舞台挨拶に出席した。山田は「元気ですかーー!」と、大声を出すハイテンションな挨拶に、他のキャストからツッコミを入れられるも満席の客席の笑いを誘う舞台挨拶のスタートとなった。

本作は『闇金ドッグス 』シリーズの4作目。元ヤクザの組長で、闇金ラストファイナンス社長・安藤忠臣に山田裕貴。元イケメンホストにして相棒の須藤司を青木玄徳が演じている。

この日、満席となった客席には、これまでの『闇金ドッグス』シリーズを観てきたファンも多くいることに山田は「シンプルに嬉しいですね!シリーズを通して観てもらえていることは、しっかり僕の成長もみてもらえて凄く嬉しいです!」と喜びのコメント。本作のクランクインの日に元木監督から「また安藤忠臣を撮れるのは嬉しい!山田で撮れるの嬉しい!」と言われ、撮影スタートしたことを明かし、山田は「身が引き締まり、またやれて嬉しかった」と振り返り感慨深げ。


今回、ベテラン俳優の升との共演について、「前回の共演ではコメディだったので、ゆったりした雰囲気での撮影もあって、現場ではとても気さくな方だった。失礼ながら強面だと思われてますが現場を凄く和ませてくれていた」と話し、俳優を長く続ける秘訣を学べて共演はとても嬉しかったと山田。それを聞いた升から「100点!」とコメントを受け山田も「やった!100点!」と喜びを露わにした。



また本作での名セリフを披露する流れになり、この舞台挨拶に「3つの気を持ってきました!」と気合を入れ、山田は「本気、やる気、僕、裕貴!」と舞台から乗り出し、青木も後を追って「僕、青木!」と客席を笑わせ大盛り上がり「4つの気だね!」と、山田と青木でバディパフォーマンスを披露し、しっかりハイタッチ!見事なバディっぷりをみせた。

(オオタマコト)




【ストーリー】

ラストファイナンスの社長・安藤忠臣(山田裕貴)。若くしてヤクザの親分になったものの、稼業を引退して、闇金の世界へ足を踏み入れた。元イケメンホストだった須藤司(青木玄徳)と共に、癖のある債務者を追い込む毎日。ある日、ヤクザ時代の大兄貴分の豊田 (升毅)が10年のお勤めを経て、シャバに戻ってくる。もう、あの塀の中には戻りたくないと、足を洗う事を宣言した豊田。男として、ヤクザとして、常に目標としてきた豊田に、忠臣は放免祝いとして30万を包む。常に債務者には冷徹な忠臣の意外な態度に、司は突っかかるが、「優遇は一度まで。次に融資する時は、きっちり回収する」とその信念は変わらない。しかし、出所した元ヤクザには、世間の風当たりも厳しく、就職先もままならない。それでも堅気になると誓い、喫茶店で慣れない履歴書に向かう日々を過ごす。そんな豊田の姿を微笑ましく見ていた喫茶店の店員・元子(高橋ユウ)の前に、突然チンピラが現れる。元子を拉致ろうとするチンピラを、圧倒的な腕力でぶっ飛ばし、元子と共に逃げる豊田。金銭トラブルを抱える元子と元ヤクザの豊田。頼る相手がいない二人は、束の間の安息を得て、共に惹かれあうのであった。幸せな時間を守る為、元子の借金を肩代わりする事を決めた豊田が向かったのは、ラストファイナンスであった・・・。



映画『闇金ドッグス 4』

キャスト&スタッフ

山田裕貴

升毅 高橋ユウ 坂田聡 ジェントル 瑛蓮 百瀬朔 副島淳 / 木村祐一 青木玄徳

監督:元木隆史 脚本:池谷雅夫 企画・配給:AMGエンタテインメント

製作:「闇金ドッグス 4&5」製作委員会(AMG エンタテインメント/JVC ケンウッド・ビクターエンタテインメント)


公式 HP: yamikin-dogs.com


映画『闇金ドッグス 4』シネマート新宿ほか順次公開!


 (C)2016「闇金ドッグス 4&5」製作委員会