(12月13日火曜日)


映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』完成披露試写会

佐々木蔵之介、横山裕、アライバルセレモニーで、壁を蹴破って登場に大興奮!!


13日、佐々木蔵之介、横山裕の二人が主演の映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』の完成披露試写会の前に有楽町マリオンにて、アライバルセレモニーが行われた。セレモニーには佐々木蔵之介、横山裕の主演の二人をはじめ北川景子、橋本マナミ、橋爪功と豪華キャストに加え、原作者の黒川博行、メガホンを取った小林聖太郎監督らも共に登壇した。


有楽町マリオン1Fには招待された観客が集まり、ステージに映し出されたシルエットに大歓声が上がる中、壁を蹴破って登場した佐々⽊と横山にさらに拍手と歓声が起こり大盛り上がりとなった。



佐々木:本⽇はどうもありがとうございます!このダイナミックに破って登場!すごく気持ち良かったです!『破⾨ ふたりのヤクビョーガミ』は、去年のちょうど今頃撮影をしていて、これまでの⾃分の殻を破ったような役でした。


横⼭:寒い中ありがとうございます。沢⼭喋りたいんですけど、北川景⼦ちゃんがすごく寒そうにしてるから、⼀⾔だけにしときます!

二人の挨拶でアライバルセレモニーは終了となった。また会場を丸の内ピカデリーに移し行われた舞台挨拶では、満席の客席を見て佐々木は「今⽇、こんなに多くのお客さんに楽しんでもらうことになるのかと思うと嬉しくもあり、ドキドキもしています。今⽇は思い切り楽しんでいってください。」と喜びの挨拶。次に横山からも「今⽇、これだけの⽅が来てくださりちょっと、⼀安⼼しています。映画が⾯⽩かったら⾊んな⽅に伝えていってください」と挨拶し、佐々木も横山も満席となった客席に嬉しさを露わにした舞台挨拶となっていた。

(オオタマコト)

【物語】

舞台は大阪。弁は立つがぐーたら貧乏な建設コンサルタントの二宮啓之(横山)はサバキと呼ばれる建設現場での暴力団対策の仕事を主な収入としていた。この仕事を通じて二蝶会のイケイケやくざの桑原保彦(佐々木)と知り合ったのが運のつき。以来、何かとトラブルに巻き込まれっぱなしの、いわば、桑原は二宮の《疫病神》である。
そんなある日、二宮は映画プロデューサーの小清水が持ち込んだ映画企画を桑原のいる二蝶会に紹介してしまい、二蝶会が出資をすることに。しかし小清水は金を持ったままドロン。
出資詐欺か!?詐欺師・小清水を追いかけるため、桑原は二宮を巻き込んで奔走するが、見つかってはするりと逃げる小清水にふたりは翻弄され続ける。遂にキレた桑原のハチャメチャな追走劇は、更に大きなトラブルへと発展!追っている筈が何者かに追われてる!?
この絶体絶命に、ふたりは生き残りをかけて大勝負に挑むがー。

映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』

監督:小林聖太郎(『毎日かあさん』『マエストロ!』)
原作:黒川博行『破門』(KADOKAWA刊)第151回直木賞受賞作≪疫病神シリーズ第5作目≫
脚本:真辺克彦(『脳男』『ソロモンの偽証』)小嶋健作(『深夜食堂』)小林聖太郎 
出演:佐々木蔵之介 横山 裕
北川景子 濵田崇裕(ジャニーズWEST)矢本悠馬 橋本マナミ 中村ゆり 木下ほうか キムラ緑子 宇崎竜童/國村隼 橋爪功
配給:松竹
公式サイト http://hamon-movie.jp/

映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』

2017年1月28日(土)全国ロードショー!