「新宿東宝ビル」完成記念式典レッドカーペットセレモニーイベント

4月16日(木曜日)

16日、ゴジラヘッドがシンボルの複合商業施設「新宿東宝ビル」完成記念式典に女優の長澤まさみが出席した。

この日、新宿歌舞伎町のセントラルロードから新宿コマ劇場跡に建てられた新宿東宝ビル前までレッドカーペットが敷かれ、女優の長澤まさみ、東京副知事、新宿区区長、歌舞伎町商店街振興組合理事長、東宝株式会社代表取締役社長をはじめ、映画キャラクターなどレッドカーペットを歩いた。 

セレモニー開始にゴジラの咆哮もあり、長澤まさみの登場で、昼間の新宿歌舞伎町セントラルロードのカーペット周辺には集まった見学者や通行人らで大混雑となる場面もあったが、新宿東宝ビル前では式典テープカットに長澤まさみもゴジラと並び参加。ゴジラを横目に笑顔でテープカットを終えた。

都内最大級のシネマコンプレックスとなる「TOHOシネマズ新宿」と客室数970室の「ホテルグレイスリー新宿」や飲食店などが入る、新宿歌舞伎町の新たなランドマークとして、17日よりオープンとなる。初代ゴジラ実物大のゴジラヘッド”は、ホテル8階の屋外テラスに設置され間近で見ることもできる。この高さ12mの巨大なオブジェは、東宝映像美術によって製作された。新宿歌舞伎町の新たなランドマークとして人気を集めそうだ。

2008年に新宿コマ劇場が閉館し、歌舞伎町は誰もが安心安全に楽しめる街に再生しようと官民一体になった「歌舞伎町ルネッサンス」の取り組みが進められ、その一環として「セントラルロード」の整備が終了し、新装開通。さらに、新宿歌舞伎町の新たなシンボルとなったゴジラは9日、新宿区から特別住民票を交付され、新宿観光特使に任命されている。
(オオタマコト)