『龍三と七人の子分たち』初日舞台挨拶

4月25日(土曜日)

25日、この日公開となった映画「龍三と七人の子分たち」の初日舞台挨拶が新宿ピカデリーで行われ、北野武監督、藤竜也、近藤正臣、中尾彬、安田顕が登壇した。

はじめに藤が、満員の観客を前に「映画は観てもらってなんぼです。これだけ沢山の方々の前でご挨拶できるというのは、感無量です。ヒットすれば役者にボーナスが出るかもしれないので、是非お仲間にこの映画を推薦してください」と、笑いを交えながら挨拶した。続いて中尾が「俺たちジジイにこういう映画の仕事、あんまり無いからねぇ」というと、近藤は「俺が一人『ジジイ役』で(映画に)出るんじゃなくて、全部がジジイでジジイがずらっと並ぶなんて、この時期こんなにジジイを大事にしてくれるのかと思って、ほんとに嬉しかった」と熱い思いを語った。

舞台挨拶では最年少の安田は、「映画では『ジジイ!ジジイ!』といきがってましたが、こうして先輩たちの隣に立つと、なかなか言葉も出ないもので」と、緊張を覗かせながらも、「今の自分は不摂生をしてますから、もし『ジジイ』になれたら『健康のためなら死ねる』って言うようなジジイになりたいです」と、会場の笑いを誘っていた。
   
楽屋はいつも盛り上がっていたという話に際して、中尾が「近ちゃん(近藤)一番おしゃべりなんだよ」と言うと近藤が「嘘だよー。そんなことないよー」返すが、逆に中尾は「その調子でずっと喋ってるんだ」と透かさず切り返し、キャスト陣の仲のよさを伺わせた。北野監督は「皆さんベテランの役者さんなんで、私が芝居をつけるまでもなかったから、端っこでテレビだけ見ていました」と、北野流のジョークを交えて、キャストへの信頼感を語った。

最後の締めとして北野監督が「たまたま映画の公開が今の時期で、高齢者に関する社会問題とかち合ってしまったが、台本はだいぶ昔にできていました。あの頃、コメディアンを並べてこの映画を撮っていたら、失敗してたと思います。コメディアンだと目の前のお客さんを笑わすことに終始して、話の本筋をなくしてしまいがちです。」と現場での発見を語り、続けて「そして日本の役者はうまいです!普段お笑いやらない人たちが、これだけ笑いをとれるなんて大したもんです!本当に感謝してます。」と作品への熱い思いを語った。

藤竜也演じる元ヤクザの『ジジイ』竜三が、オレオレ詐欺に遭ったことを契機に、かつてのヤクザ仲間を集め、詐欺集団の『ガキども』相手に戦いを挑む、世直しエンターテイメントムービー。
老い先短い「怖いモノなし」のジジイたちが、全国のスクリーンで痛快に大暴れする。
『龍三と七人の子分たち』
4月25日(土)より全国公開中
公式サイト http://www.ryuzo7.jp