映画『日本のいちばん長い日』初日舞台挨拶  
松坂桃李「監督に会う時が、いちばん緊張するんです。」
8月8日(土曜日)

8日、東京・丸の内ピカデリーにて、映画『日本のいちばん長い日』が公開初日を迎え舞台挨拶が行われた。

   出演者から役所広司、本木雅弘、松坂桃李、神野三鈴、原田眞人監督らが登壇。さらに本編登場人物の鈴木貫太郎氏の実際のご遺族で、お孫さんにあたる鈴木道子さんも登壇された。

   この日、上映終了後に行われた舞台挨拶は緊張感ある中で進行し、MCから今回の畑中少佐役とは、どう向き合ったかについての質問に松坂は「自分の客観性が出ると役がぶれてしまうので、現場で出る感情を純粋に吐き出すようにし、監督のOKの言葉に頼り、任せました。」と語った。

壇上でも緊張を隠しきれない様子の松阪に、MCからは、現場でも緊張感が半端ではなかったのではと聞かれ、松阪は「緊張しない場面がない」と答えるも、その答えに隣に立つ原田監督も笑い、松阪は「監督と会う時が、いちばん緊張する。」、「今がいちばん緊張する。なぜ僕が隣なのか…」この答えに監督だけでなく、壇上の共演者や会場も笑いで沸かせることになり、これには松阪も苦笑いすることとなった。 

   また本木からは、「今日、17歳になる息子が、この映画を観たいと言うので、この会場に来ています。」と明かされ、若い世代にも注目される映画作品になっていると感じることができた。 
(オオタマコト) 


本作は、半藤一利さんのノンフィクション「日本でいちばん長い日 決定版」が原作。太平洋戦争末期の日本を舞台に、降伏か本土決戦かを巡って決断に苦悩する陸軍大臣・阿南惟幾(役所広司)や昭和天皇(本木雅弘)、鈴木貫太郎首相(山崎努)、降伏に反対する畑中少佐(松坂桃李)らの姿を描く。 

【 STORY 】
太平洋戦争末期、戦況が絶望的となった1945年4月、鈴木貫太郎内閣が発足。そして7月、連合国は日本にポツダム宣言受諾を要求。降伏か、本土決戦か―。連日連夜、閣議が開かれるが議論は紛糾、結論は出ない。そうするうちに広島、長崎には原爆が投下され、事態はますます悪化する。“一億玉砕論”が渦巻く中、決断に苦悩する阿南惟幾陸軍大臣、国民を案ずる天皇陛下、聖断を拝し閣議を動かしてゆく鈴木貫太郎首相、首相を献身的に支え続ける迫水久常書記官。一方、終戦に反対する畑中健二少佐ら若手将校たちはクーデターを計画、日本の降伏を国民に伝える玉音放送を中止すべく、皇居やラジオ局への占拠へと動き始める。 


映画『日本のいちばん長い日』
公式サイト:nihon-ichi.jp
主演:役所広司 本木雅弘 松坂桃李 堤真一 山﨑努
監督・脚本:原田眞人 原作:半藤一利「日本のいちばん長い日 決定版」(文春文庫刊)
配給:アスミック・エース、松竹 ©2015「日本のいちばん長い日」製作委員会
8月8日(土)より全国公開中