(9月3日木曜日)

映画『キングスマン』公開直前イベント
マギー&流れ星登場!!マギー「タロン・エガートンのギャップに惚れちゃいました!」

3日、東京・六本木にて、11日公開の映画『キングスマン』公開直前イベントが行われ、モデルのマギー、お笑いコンビの流れ星(ちゅうえいと瀧上伸一郎)らが出席。イベントでは劇中に登場するアイテムの中で、さまざまな機能が搭載された傘が登場することから、それにちなんで、用意されたアンブレラ(特製傘)に映像を投影するアンブレラシアターイベントが行われた。

   英国紳士的なフォーマルスーツ姿の流れ星と、マギーは長身を生かし、ブリティッシュなスーツにブーツファッションで登場。すでに映画を鑑賞済みの三人。それぞれに感想を聞くと、マギーは「もう最高だった!!高級テーラーがスパイの設定にキュンキュンする」、「エグジー(タロン・エガートン)の顔がすごくタイプ!!最初は若いところもあるけど、紳士的なスパイの顔になっていくギャップが凄く良くて惚れちゃいました。最初は貧しい家庭のBボーイファッションだったのが、ビシッとスーツを着こなし、自信をもってスパイとなっていくのが本当にかっこいい」とお気に入り。また流れ星の瀧上は「スパイ映画のこうなったらいいな、というシーンが多くて、地下にエレベーターで降りるシーンとか男の子の夢が詰まってて良かった!」、流れ星のちゅうえいは「テンポがすごくいい。見ないと死ぬときに泣くくらい後悔する」と感想を述べ作品をアピールした。このイベントに用意された特殊な傘に劇中映像を投影するアンブレラシアターにチャレンジ!!マギーは「映像がちゃんと見られてびっくり」、ちゅうえいは「いまの技術って凄い!」と、三人は、傘に投影される映像に釘付けになっていた。
 本作は「キック・アス」「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」マシュー・ボーン監督コリン・ファース主演のスパイアクション映画『キングスマン』。主演のコリン・ファースがみせるキレッキレ、アクションということから、流れ星ちゅうえいのキレッキレのギャグも披露したが、少々、空回り…瀧上から「スパイだけに、笑いも影をひそめましたね」とツッコミ。ちゅうえいは「みんなの記憶をなくしたい!」と、そんな落ち込みも上手く、自虐ギャグにし、これにはイベントに集まった観客も大笑いだった。 
(オオタマコト) 

公式サイト:kingsman-movie.jp/

映画『キングスマン』
9月11日(金)から全国公開。