(9月17日木曜日)

映画『罪の余白』完成披露試写会
内野聖陽、女子高生に囲まれ、質問に戸惑う!

17日、都内にて映画『罪の余白』の完成披露試写会が行われた。舞台挨拶には、俳優の内野聖陽とオスカーイチ押しの若手女優・吉本実憂、そして谷村美月、大塚祐吉監督が登壇した。 

   本作で、吉本は、教師、生徒、警察の心を操り、スクールカーストの頂点に君臨する狡猾で残忍な悪魔のような女子高生を演じ、共演する内野聖陽を執拗に追い込み残忍な行動を繰り広げ、見事にダークヒロインを魅せた吉本も役作りについて聞かれると「最初はどうやって役と向き合えばいいか分かりませんでしたが監督から“人を傷つけることを楽しんで!”とアドバイスを受けてやっと役に打ち込めました。」とコメント。以前もインタビューで、監督からのアドバイスで、悩みも解消し、覚悟して役に挑んだと語っていた。また内野からも「リハーサル中、監督がひそひそ話で吉本さんにアドバイスを送っていると思ったら、本番になるとアドリブで僕を傷つけてくるんですよ。上手くなってくるにつれ、だんだんムカついてきて‼︎」と明かし、吉本も「最終的には自発的に言葉が出てきました!」と、言葉で追い込む、モンスター女子高生役に入り込めたようだ。

また本作さながらに女子高生軍団がサプライズ登場‼︎内野を囲み、女子高生を代表した吉本から「女子高生に追いつめられるのはどんな気持ちですか?」と質問を内野にした。汗だくで戸惑いながらも内野は「木場咲のような女子高生がもし本当にいれば“大人をなめるなよ!“と言ってやりたいです。」と質問を一蹴し、喝を入れた答えに観客を大いに沸かせた。 

   最後に内野は「エンタテイメント作品でありながら、こういう年代の子を持つ親御さんには何か考えさせられる作品になっていると思います。是非楽しんでいってください。」と舞台挨拶を終えた。 
(オオタマコト) 

【あらすじ】
高校のベランダから転落した一人娘・加奈の死を、父親の安藤(内野聖陽)は受け止められずにいた。 
娘はなぜ死んだのか―。事件か事故か?安藤は、行動心理学者でありながらも、娘の異変に気づかなかった自分を責めながらも真相を追いはじめる。そんな時、加奈のクラスメート・咲(吉本実憂)が現れる。娘の死に涙する美貌の少女・・。しかし彼女は、教師、生徒、警察の心を操り、スクールカースト頂点に君臨する狡猾で残忍な悪魔のような少女だった。娘の遺した日記から真相を知った安藤は、咲に復讐を誓う。だが娘を愛するあまり暴走する安藤は、逆に安藤自身が追い詰められていく――。

映画『罪の余白』
©2015『罪の余白』フィルムパートナーズ
10月3日(土)より、TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー