(10月21日水曜日)

映画『トランスポーター イグニション』女性限定試写会イベント
スピードワゴン小沢、お前のハートにイグニション!(火をつける)にビビる‼︎

21日、東京・表参道テラスにて、公開直前の映画『トランスポーター イグニション』女性限定試写会イベントが行われ、ゲストにお笑いコンビのスピードワゴン小沢一敬とバラエティやドラマでも活躍する女優の足立梨花が出席した。

   イベントでは、本作のタイトル「イグニション」(=火をつける)にかけ、映画の大ヒットを祈願し、巨大なキャンドルに“火をつける”ことになり、足立は「結婚したことないのに、小沢さんと初めてやっちゃうの?」とこれには苦笑い。また、結婚したい男性についても聞かれ、「いつでも気にしてくれる人、一緒にいて安心感がある人、私のアニメ好きを許してくれる人」と、本作の三つのルールのように三つの条件を挙げると、小沢からは「タイプとか言わない方がいいよ。次に出会った人がそのタイプじゃなかったら、その人に悪いもん」とちょっと厳しいアドバイス。
いよいよキャンドルに点火となり、二人で火をつけたところ、大きな炎が上がり、この突然の炎には小沢は驚き怯えてしまい、二度目の点火では、ビビりながらの点火。小沢も困惑な表情のまま終えたが、会場の女性たちからは、炎にビビる小沢に笑いが起こっていた。 

 また、足立は、以前「誕生日までに彼氏を作らないと罰ゲーム」という約束を別のイベントでしてたらしく「実際誕生日迎えたけど、彼氏ができず、お風呂に入りながらアイス食べて自撮りして、SNSに載せるという地味な罰ゲームを実行しました。悲しいです」と本音をポロリ。それを聞いた小沢からは「誕生日プレゼントあげようか。俺の名字だけど、これから2人で使う?」と小沢に言われ、足立は即「嫌!」と断り、会場を沸かせトークを終えた。 
(オオタマコト) 

本作は、ワケありの依頼品を運び届けるプロの運び屋=トランスポーター、フランク・マーティン。 ブラックスーツに身を包み、愛車のアウディを自在に操る天才的なドライビングテクニックといかなる敵をも華麗に なぎ倒す類稀なる格闘センスを兼ね備えた男。彼は、自らに過酷なルールを課しながらも、迫り来る絶体絶命の危機 を乗り越え、依頼を遂行する。洗練されたスタイリッシュさと強烈な存在感により、新たなヒーローとなったフラン クは、2003年の第1作目公開より2009年の第3作まで、観る者を虜にし続けた。そして、6年の滑走期間を経て、 その天才運び屋が、始動する! 
3,000万人の日本人が熱狂した最速最強が挑む、今回の依頼品は、ブロンド輝く3人の美女。そして、報酬は父の命。 自らのルール、愛、父親の命の間で揺れる、天才運び屋が絶体絶命の危機に直面する! 観るものすべてのハートに火をつける、最速最強のカーチェイス、ボディアクションがフルスロットルで加速する! 


映画『トランスポーター イグニション』
監督 カミーユ・ドゥラマーレ 
『フルスロットル』『96時間 リベンジ』(編集) 
製作 リュック・ベッソン『LUCY/ルーシー』 
脚本 リュック・ベッソン、アダム・クーパー『エクソダス:神と王』、ビル・コラージュ『エクソダス:神と王』 
出演:エド・スクレイン「ゲーム・オブ・スローンズ」、レイ・スティーブンソン『マイティ・ソー ダークワールド』 
© 2015  EUROPACORP – TF1 FILMS PRODUCTION/Photo:BrunoCalvo 
公式サイト:tp-movie.com
10月24日(土) 新宿バルト9ほか全国ロードショー!