(10月29日木曜日)

アイドルグループ“ゆるめるモ! ”映画初主演作品
『女の子よ死体と踊れ』ゆるゆる前夜祭イベント
ゆるめるモ!が死体蘇生の儀式を再現?!ゾンビの蘇生にドッキリ!?その正体は…

29日、東京・阿佐ヶ谷ロフトAにて、10月31日の公開を控えた映画『女の子よ死体と踊れ』の公開直前イベントが行われ、本作で映画初主演を務めるアイドルグループ“ゆるめるモ!”と朝倉加葉子監督、田家大知(ゆるめるモ!プロデューサー)らがイベントに登場した。

本作は、静かな森の中で見つけた、私たちだけの宝物。それは美しい少女の“死体”。
彼女を生き返らせて、一緒にダンスをしたいから、
神様少しだけ見てないふりをして下さい―。

清掃会社YMMクリーニングでバイトをする、“もね”、“けちょん”、“しふぉん”、“ようなぴ”、“ちーぼう”の何処にでもいる5人の女の子たち。鬼の様なブラック女社長に恫喝されながら、嫌々だけど他にやりたいこともないから何となくつまらない毎日を過ごす日々…。そんなある日、森の中の清掃現場で彼女たちが発見したのは透き通るように美しい少女の“死体”。ノルウェーのブラックメタルバンドの儀式を使って“死体”を蘇らせることに成功した5人だったが、その死体“あの”には知ってはならないヤバすぎる秘密が隠されていた。ファンタジック・ガーリーホラー!!

このイベントでは、映画の裏話トークだけでなく、映画同様に“死体蘇生”の儀式をゆるめるモ!メンバーで再現。テーブルに横たわったあのに向かってほかのメンバーらが呪文を唱えると会場が暗闇に…突然ゾンビが乱入!?今回、ゆるめるモ!メンバーには内緒で仕掛けられたドッキリで、明るくなった会場には、ゾンビアイドルの小明が登場し名乗りを上げた。ゾンビメイク姿の小明を見たメンバーの中には、怯え怖がるものもいたが、小明のゾンビ姿とはギャップのある軽快な喋りに安心したのか、メンバー揃って笑顔となっていたが、テーブルに横たわっていたあのだけは、ドッキリの状況が分かっていなかった様子に会場の観客から笑いが起こっていた。 
(オオタマコト) 


映画『女の子よ死体と踊れ』
出演:ゆるめるモ!〈もね、けちょん、しふぉん、ようなぴ、あの、ちーぼう〉、松田優、原扶貴子、尾本卓也、国分崇、川連廣明、信國輝彦、古内啓子 監督・脚本:朝倉加葉子 2015年/日本/カラー/⒉ch/ビスタ/70分 
配給:日本出版販売 ©2015 YOU’LL MELT MORE!Film Partners 
オフィシャルHP:ymm-film.com

10月31日(土)よりシネマート新宿、以降全国順次公開! 

また10月31日の公開日に東京・シネマート新宿にて行われる「ハロウィンライブ付き初日舞台挨拶」にゆるめるモ!が登場するほか、11月14日に大阪・シネマート心斎橋、11月15日に愛知・名古屋シネマスコーレでも舞台挨拶を予定している。