(右から石原、カズミ、大塚、川本、島田、白井、鳥居、KONTA、リカヤ)
(11月7日土曜日)

『デストロイ・ヴィシャス』『冴え冴えてなほ滑稽な月』の鬼才!!島田角栄監督最新作『乱死怒町より愛を吐いて』初日舞台挨拶


7日、東京・渋谷ユーロスペース2にて、映画『乱死怒町より愛を吐いて』の初日舞台挨拶が上映前に行われた。舞台にはKONTA、鳥居みゆき、白井光浩、大塚明夫、カズミファイブ、川本三吉、石原卓ら出演者たちと島田角栄監督らが揃い、MCには本作の出演者でもあるリカヤ・スプナーを含む9名が登壇した。


上映初日となる渋谷ユーロスペース2の客席は満席となり立見が出るほど。この大盛況ぶりに島田監督は「感謝、感謝、感謝です!ほんとにありがとうな!」と客席に挨拶をする中、登壇した鳥居と白井は、カズミを弄りはじめ、白井は「カズミフォー」とカズミファイブという名前を弄り、鳥居は「元サンミュージック、サンミュージックを首になった。」と、カズミが元サンミュージック所属芸人であった過去を弄り、カズミは「ファイブだよ!みんな笑えないだろ!やめろ!」この三人のやり取りに客席では笑いがおこり、舞台挨拶スタートとなった。 
本作は、『デストロイ・ヴィシャス』『冴えて冴えてなほ滑稽な月』と、一貫して不器用な愛を描き続けてきた島田角栄監督。そんな彼が辿り着いた「愛」の対象は、ズバリ「自分」だった。「自己愛」というテーマを根底に、乱死怒町(らんしどちょう)より愛を吐きまくる人々の歪な人間模様を、時に凄惨で、時に美しく、時に痛々しく描く。 

ヤクザ×パンク×コメディの新感覚ムービー! 

 KONTAは撮影中は悪天候続きだったこともあり、「撮り終えたこともさることながら、公開まで漕ぎ着けるとは思ってなかった。」と話し、「一年、待たされた。待った甲斐があったというもの楽しんでください!」と客席へアピールした。 

   今回、島田組に初参加の鳥居は「カズミさんが出るって聞いて、本当に映画かなと思いながら、大丈夫なのかと思って。」と出演オファーのことで、再びカズミを弄り、冗談交じりに話し笑いを誘った。
また撮影では「行ってみてびっくりしたのがカンペが出てて、でも悪いことじゃないと思ってて、覚えるとか覚えないとか、そういうことよりも表現力を大事にして欲しいと言われたので、凄い納得できたんです。」、「私のときにセリフが長いから良かったと思っていたら、カンペが出なかったんですよ!」と撮影エピソードを明かし、島田監督からは「覚えてきたらええがな、高い金払ってるんだから!」と言われ、鳥居は「高くないじゃん!私、一番、サンミュージックで安いひとだよ!」と反論し会場を大いに沸かせた。 
続いて島田組への参加は、3回目となる大塚は「またまた、ヤクザの親分で…」と挨拶。同じ役が続くも、島田監督の現場について聞かれると「楽しいです!何より。商業ベースじゃないものを撮りたいように暴力的に撮っていく時にこそ、呼んでいただきたい!」と島田監督の撮影現場を楽しんでいることを語った。島田監督も「大塚明夫のヤクザは最高や!最終目標は仁義なき戦いを撮ること!」と話すと客席からは拍手と歓声が起こるほどだった。 

   本作の撮影場所となった広島・尾道は主役の川本の地元。挨拶をはじめた川本は「三年くらい前。病気になり、島田監督に伝えたら、三吉主役で1本撮ると言ってもらえて作っていただきました。」と話し、島田監督からは病気について癌だったことも明かされた。川本から島田監督に「ありがとうございます!」と伝えると、島田監督は「お前の演技、最高や!お前の演技、最高や!」と繰り返し、川本に労いの言葉を贈った。 

最後に島田監督からは「みんなありがとうね!大好き!この面子でしか撮れないものを撮りました。自分でしか撮れない映画を作りました。面白い面白くないは別として、自分でしか撮れないことをやればOKかと思ってます。」、「はみ出し者の聖書を作ることしか考えておりません。映画を作ろうと思ってません、結果的に映画を作っただけです。このこと一生忘れません!」と挨拶を終えた。 

島田角栄という男の溢れる魅力と出演者たちとの絆が垣間見える話に、客席からも出演者たちからも笑いの絶えない舞台挨拶となり、この日、島田作品の魅力に引き込まれた人たちも多かったのではないだろうかと思う。
(オオタマコト) 


【 STORY 】
チンピラの岡田(川本三吉)は、大事に思っていた少女を敵対するヤクザに殺された。激昂した岡田は仇討に向かったが、返り討ちにあい命からがら逃げ出す。追われる岡田が偶然逃げ込んだ先は、見世物小屋。かくまってくれたのは、見世物小屋に出演している 舞(後藤まりこ)という若い女だった。見世物小屋の親方アウト(KONTA)は、かくまうかわりに見世物小屋の一員になるよう岡田に強要。岡田は仕方なく、見世物小屋でオリジナルの芸を披露するようになった。エキセントリックな演者達と奇妙な日々を過ごすうち、どこか影のある舞に惹かれていく岡田。舞との仲が深まるにつれ、次第に彼女の複雑な生い立ちが明らかとなっていく。その一方で、逃亡者である岡田は、常にヤクザの追手におびえていた。そして、自分の存在が舞まで危険に…。 

映画『乱死怒町より愛を吐いて』
予告編 
公式Twitter 
公式フェイスブック 
監督・脚本:島田角栄 
出演 
川本三吉、後藤まりこ、KONTA(exバービーボーイズ)、大塚明夫、鳥居みゆき、古市コータロー(ザ・コレクターズ)、白井光浩、鳥肌実、ザ・クレイジーSKB、森若香織、コザック前田(ガガガSP)、冠徹弥(THE 冠)、石原卓、カズミファイブ、森田辰義、クリトリック・リス、ナマコラブ、安藤八主博(ザ・たこさん)、リカヤ・スプナー、劇団ストーンエイジ、車地瑞保、西原由起、デカルコ・マリィ、村上森子、片山誠子、中田彩葉、栗田ゆうき、岩切千穂 他 
配給:PUNK FILM 

映画『乱死怒町より愛を吐いて』
11月7日(土)~20日(金)渋谷ユーロスペースにてレイトショー公開中!