(11月25日水曜日)

NETFLIX『ジェシカ・ジョーンズ』上映会イベント
オリラジ中田ら吉本マーベル大好き芸人集合!!


25日、東京・スペースFS汐留にて、Netflixにて独占配信中のオリジナルドラマ『ジェシカ・ジョーンズ』の上映会イベントが行われた。上映後にはゲストによるトークショーも行われ、ゲストには中田敦彦(オリエンタルラジオ)、竹若元博(バッファロー吾郎)、川谷修士(2丁拳銃)、金成公信(ギンナナ)、坂本純一(GAG少年楽団)、おもしろ佐藤(御茶ノ水男子)ら吉本のマーベル大好き芸人が登壇した。


ヒーロー好きになったきっかけを聞かれると、ギンナナ金成からは「兄が凄く絵が上手で、スパイダーマンをパロディにしたスライダーマン。敵にスライディングだけで勝つというアメコミ風の漫画を描いていた。」と話し、はじめてスパイダーマンを見た時に自分の兄が「あっ!パクってるんだ!」と発覚したことでスパイダーマンを好きになり、いろいろとハマるきっかけとなったことを明かした。他におもしろ佐藤などはゲームから好きになったという。
 Netflixより配信中の『ジェシカ・ジョーンズ』について聞かれると竹若は「全話観ました。いままでにないダークなマーベル作品。」、川谷からも「めずらしいドラマシリーズ。ヒーローが引退してて探偵というところからスタートするし、ヒーローものであり、ミステリー、恋愛と複雑に絡む作品。」と語り、いままでにないヒーロードラマ作品とアピール。
続いて、本作の主人公が私立探偵にちなんで“吉本芸人の秘密を探る”ということで、オリラジ中田からは「最近、ウチの相方(藤森)が破局したんですけど、彼はいまサウナにハマってて、静岡のサウナまで入りに行ってるんです。」と、藤森の近況を明かしたが理由は水風呂が天然水ということだった。また、藤森と良く遊ぶという後輩のおもしろ佐藤からは「最近、焼肉に行った時に冷麺を“フーフー”と息をかけてました。」と天然ボケエピソード暴露。他からは最近、破局した藤森の行動に少し心配の声も上がったが良い笑い話となっていた。他にもカラテカ入江やパンサー尾形などの天然ボケぶりが次々に暴露され盛り上がりをみせ、吉本芸人には天然芸人が多いことが伺えるトークショーとなった。
(オオタマコト)


本作はマーベルが初めて描く“元ヒーロー”の物語。エグゼクティブ・プロデューサーが「マーベルのストーリーではかつて見たことないサスペンスと緊張感、そして恐怖の心理ゲームが展開される」と話す全世界注目作!主演にはハリウッド最注目の女優クリステン・リッター(ジェシカ・ジョーンズ役)

ニューヨークのヘルズキッチン、私立探偵ジェシカは心を閉ざして孤独に生きる元スーパーヒーロー。過去のトラウマを引きづり、人との接触極力断って暮らしていた。しかし、悪の元凶キルグレイプと再び対峙することによって日々は一変。忘れようとしていた過去と向き合い。悪を倒すため難事件に挑むことになる。


『ジェシカ・ジョーンズ』
Netflixより独占プレミア配信中