(2月18日木曜日)

映画『珍遊記』完成披露上映会
鈴木拓、アイアム野田の乱入に山口監督、芸人ムードに困惑するも、松山の言葉に喜び!


18日、東京・新宿の新宿バルト9にて行われた映画『珍遊記』完成披露上映会に主演の松山ケンイチ、倉科カナ、溝端淳平、山口雄大監督らが出席し、MCを脚本のおおかわらが務めた。
おおかわらがキャスト陣を壇上に呼び込む中、キャスト陣に紛れてお笑い芸人のドランクドラゴン鈴木拓とおおかわらの相方でもある鬼ヶ島のアイアム野田が乱入し客席を驚かせた。おおかわらは「僕のプライベートの友達が何人か…」と紹介したが、野田は本作に出演していることで「俺、関係あるから」と訴える中、鈴木は「溝端さんに連れられて、この人、無茶やるからと」と言い訳…野田からは「もう、怒られる覚悟でいきましょう!」と開き直り、おおかわらから「鈴木さん、先輩で仲良しなので上映終了後に出てもらう予定だったんですけどね」と明かされたが、鈴木からは「ちなみに僕はこの映画にまったく出ておりません!」と無関係をアピールに客席の笑いを誘った。 また、それぞれが挨拶をはじめると倉科から「楽しかったですか?大丈夫でしたか?」と上映後と勘違いし、まだ上映前の客席に問いかけてしまったことを恥ずかしそうに謝る場面も。 

   山口監督からは「松山くんや倉科さん、溝端くんという豪華キャストが出演してくれると思ってなかったので、こんな華やかな雰囲気で披露できて嬉しいという感じだったんですけど…」、「野田さんや鈴木さんが出て来て芸人ムードになっちゃって嫌だな」と笑いと冗談混じりの挨拶をしつつ、山口は「映画は楽しんでもらえる作品になっているので、1時間半観終わって、まったく何も残らない映画だと思うけど是非、楽しんでください」と本作をアピールした。 

   主演の松山は原作ファンだったことで、今回、出演オファーを受けて感想を聞かれると、松山は「メチャクチャな原作ですから、映画として成立するのか、まったく分からないんですけど、原作者のファンですし、山口監督と一緒にやって面白い世界に行きたいと思っていたので、この作品はベストだと思っていたので是非、やりたいと思ってました」と語り、山口監督を喜ばせ、和やかなムードでトークを終えた。
(オオタマコト) 

   本作は1990年より週刊少年ジャンプにて連載され、シリーズ累計販売部数約400万部を記録した、唯一無二の存在感を放つ孤高の漫画家・漫☆画太郎による伝説のギャグ漫画「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」を実写映画化!脚本にお笑いトリオ・鬼ヶ島のおおかわらと「銀魂」、「おそ松さん」など、人気アニメの脚本を担当する松原秀も参加。ギャグ満載の作品となっている。 


【ストーリー】
天竺を目指して旅を続けていた坊主・玄奘は、偶然立ち寄った家のじじいとばばあに天下の不良少年・山田太郎を更生させて欲しいと頼まれ、宝珠の力で恐るべき妖力を封印するが、嫌々ながら太郎を引き取とることになり、何の因果か共に旅をする羽目に・・・果たして、彼らは無事に天竺まで辿り着くことが出来るのか?(いや、出来ない!) 

映画『珍遊記』
監督・編集:山口雄大 脚本:おおかわら/松原秀 
キャスト:松山ケンイチ 倉科カナ 溝端淳平 
©️原作:漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会 
オープニング曲(主題歌) 
RIP SLYME「Take It Easy」(WARNER MUSIC JAPAN/unBORDE) 
エンディング曲 
RIP SLYME「Drop!」(WARNER MUSIC JAPAN/unBORDE) 
バトルソング:マキシマム ザ ホルモン「アバラ・ボブ<アバラ・カプセル・マーケッボブ>」/「ジョニー鉄パイプIII」(VAP) 
公式HP
公式twitter
2月27日(土)より、新宿バルト9他にて全国ロードショー!!