(3月1日火曜日)

映画 『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』
日本の“DC”ダチョウ倶楽部が世紀の対決!結果は?


1日、都内にて、25日の公開を控えた映画 『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』の特別イベントが行われた。本作に登場するバットマン、スーパーマンがアメリカン・コミックのDCコミックスのキャラクターであることから、日本の“DC”ことお笑いトリオのダチョウ倶楽部(上島竜兵・肥後克広・寺門ジモン)が登壇した。

イベントでは、2大ヒーローが対決する本作にちなみ上島がバットマン、寺門がスーパーマンの衣装で登場し、リーダーの肥後はこの世紀の対決をジャッジするレフェリーをつとめる。そして三本勝負に選ばれたのは、スピード対決の椅子取りゲーム、パワー対決のゴムパッチン、忍耐力対決のアツアツおでんを食べられるかで、世紀の対決!三本勝負が行われた。
最初のスピード対決の椅子取りゲームでは、上島バットマンと寺門スーパーマンが睨み合い、お互いをマントで牽制するも、素早い動きの寺門スーパーマンが勝利!!今度はパワー対決のゴムパッチン!椅子取りゲームで息の上がってしまった上島バットマンは、マスクを取り気合い充分!寺門スーパーマンとゴムを咥え、両者でゴム伸ばしたところをレフェリーの肥後がまさかのカット!両者痛み分けとなり、判定は引き分けという結果に。
いよいよ世紀の対決もラストバトル!!忍耐力対決のアツアツおでんを熱さに耐えながらどちらが早く食べられるかで勝負!!鍋からは湯気が上がり、しっかり熱々のおでんが登場!レフリー肥後が鍋からしらたきを取り、上島バットマンが「シラタキはだめだ!」と叫ぶも、しらたきを口に運び、熱さに耐えられず、口をオタマで冷やすということに。続いてレフリー肥後はコンニャクを取り、寺門スーパーマンに向けるも、寺門を通り越し上島の顔面に触れ、ここでも上島は熱い思いをする羽目になり再びオタマで冷やし会場を大いに湧かせた。
結局、最後はジャンケン勝負になり、結果に納得のいかない上島バットマンと寺門スーパーマンが睨み合うも、お馴染みのお約束“仲直りのチュー”をすることでお互いニッコリ!肩を組み笑顔で、世紀の対決を終了した。
3月25日の日米同時公開までベール包まれた本作。バットマンとスーパーマンの世紀の対決の勝負はどちらが勝つのか⁉︎公開が待ち遠しい!!
(オオタマコト)

この戦いー勝つのはどっちだ⁉︎
映画 『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』
3月25日(金)2D/3D/IMAX 公開
配給:ワーナーブラザーズ映画