(3月2日水曜日)

映画『蜜のあわれ』先行上映会イベント
二階堂ふみ「この映画は自由で見る方々に委ねられる映画」の魅力とは?

2日、東京国際文芸フェスティバルの一環として、東京・丸ビルホールにて映画『蜜のあわれ』舞台挨拶付き先行上映会イベントが行われ、主演で女優の二階堂ふみ、本作を手がけた石井岳龍監督に加えスペシャルゲストに原作ファンでもある歌人の穂村弘も出席し、『蜜のあわれ』の魅力を語った。

国内外の作家、翻訳家、編集者、読者たちが東京に集まり、さまざまなイベントを通して交流し、本の魅力に浸る、日本最大の文芸の祭典。

二階堂は「高校生の時にはじめて原作を読んで、そこからずっと思い続けていた作品を映画にすることができ、みなさんにお披露目することができて嬉しいです」と満席の客席を見渡し、喜びの挨拶。この日の二階堂は、本作にちなみ金魚をイメージした赤と青の鮮やかな色のドレス姿に客席も目を奪われ“うっとり”していた。

本作は泉鏡花・徳田秋聲と並び、金沢三文豪の一人である室生犀星が、 晩年に発表した小説『蜜のあわれ』を映画化。室生犀星自身を想起させる老作家と、彼が愛でる少女の姿に変貌する金魚との無邪気かつエロティックな触れ合いを艶やかに描いた作品。

穂村は原作小説のファンであり、すでに本作も鑑賞済み。感想を求められた穂村は「びっくりしましたね。蜜のあわれって好きな小説で、映像化はできないと勝手に思い込んでいたので、それがアニメーションではなく、生身の形で映像化されて素晴らしい金魚像だった」、「原作は言葉で書かれてあって、しかも人間であって金魚が成立したと思ってます」と驚きを語った。

また、役作りについて意識してたことを聞かれ、二階堂は「言葉に意味を持たせないで、動きでは留まらないようにし、止まっていても静止していないように見えたらいいなぁ、どこか泳ぎ続けているような動き回ってるように友達の子供を見て参考にしました」、「撮影現場では、いろいろやっていると楽しくなってしまい、それに言葉が付いてくる」と話した。

穂村に、二階堂の演技について聞いたところ「『あたい』っていうだけでも難しいと思うのに。元々、ずっとイチャイチャしてる話で、金魚と老作家という、残された命が短いふたりの、何かそれが命がけのイチャイチャで、その感じが出ててスパークする感じでした。人が本当に望んでいるものや、最後まで捨てられないものが浮かび上がる気がして目が離せなくなりました」と大絶賛!! 

“命がけのイチャイチャ”で共演した大杉漣の魅力について聞かれた二階堂は「優しくて、チャーミングなところがあって、凄くパンがお好きで、撮影がお休みの時に、他のスタッフとも一緒に漁港へ行った帰りに、パン屋さんに寄って、凄く嬉しそうにパンを選んでらっしゃって、その姿が、『蜜のあわれ』を読んで文の奥にある人間としての老作家の愛嬌みたいなものが繋がっていたので、人間としても魅力的だと感じました」と魅力を語り、会場の笑いを誘う場面も。 

最後に二階堂は「この映画は凄く見る人に対してとても自由になった映画だと思い、見る方々に委ねられる映画になったので、それが映画のあり方として素敵だし携われたことが嬉しかったです」と本作の魅力を語り終了となった。 
(オオタマコト) 

【物語】 
金魚と作家と幽霊が織りなす、艶やかで濃密な恋の物語 
赤子(二階堂ふみ)は、ある時は女(ひと)、ある時は尾鰭をひらひらさせる、真っ赤な金魚。赤子は老作家(大杉漣)は共に暮らし、夜はぴたっと身体をくっつけて寝たりもする。 
「おじさま、あたいを恋人にして頂戴。短い人生なんだから、愉しいことでいっぱいにするべきよ」 
「僕もとうとう金魚と寝ることになったかー」 
奇妙な会話を繰り広げる2人は、互いに愛をつのらせていくー。そんな或る時、老作家への愛を募らせこの世へ蘇った幽霊のゆり子(真木よう子)が現れる。作家の芥川龍之介(高良健吾)、金魚売りのおじちゃん・辰夫(永瀬正敏)が3人の行方を見守る中、ある事件が起きて・・ 

映画『蜜のあわれ』
原作:室生犀星「蜜のあわれ」 
監督:石井岳龍 脚本:港岳彦 
出演:二階堂ふみ 大杉漣 真木よう子/韓英恵 上田耕一 渋川清彦 高良健吾/永瀬正敏 
配給:ファントム・フィルム 
©︎2015『蜜のあわれ』製作委員会 

公式サイト:mitsunoaware.com/

4月1日(金)より、新宿バルト9ほか全国ロードショー!