(3月17日木曜日)

アジアの“彼女”三部作完結編!!!
映画『更年奇的な彼女』クァク・ジェヨン監督来日記念プレミア試写会
藤原紀香「体当たりで声を入れました!」


16日、東京・スペースFS汐留にて、4月8日公開の映画『更年奇的な彼女』のクァク・ジェヨン監督来日記念試写会が行われ、クァク・ジェヨン監督とヒロイン・チー・ジアの日本語版吹替を担当した藤原紀香が舞台あいさつに登壇した。

本作は日韓両国で爆発的なヒットを記録し、日本公開から10年以上を経った今もなお、ラブコメディの金字塔として燦然と輝く『猟奇的な彼女』や綾瀬はるか主演の『彼女はサイボーグ』で、今やアジア映画の巨匠となったクァク・ジェヨン監督が“アジアの彼女三部作”の完結編として完成させた最新作『更年奇的な彼女』は、既に公開された中国で32億円を超える大ヒットを記録。世界中の女性を感動させたラブストーリーとして注目を集め、日本が最後の公開となる。

   来日したクァク・ジェヨン監督は「皆さんこんにちは、韓国から来ましたクァク・ジェヨンです」と日本語であいさつ。「この映画は中国で撮影し、日本が最後の公開となります。藤原紀香さんが日本語吹替をしてくださったことで、新しい映画になったと思います」と日本公開への喜びを語った。
ヒロイン・チー・ジアの吹替をした藤原は本作について「とめどなくハラハラと涙が出て、クァク監督の作品ならではの悲しいシーンの時でも、笑いがどこかにあったり、しっとりとして品があり、それが映像の中にミックスされて、クァク監督ならではのいろいろなスパイスが入っていて、とても暖かい物語。日本人の私でも国を超えて感情移入でき、素晴らしいラブストーリーで、吹替をやらせて頂けると思うとワクワクしました」と喜びの感想を話した。この感想にクァク監督も「嬉しいです!」と答え、クァク監督は「実は日本のドラマを見ていたなかで、最初から最後までみた作品『スタアの恋』があり、そのドラマに出演していたスタアの藤原さん自身が吹替を担当してくださって、心から嬉しく思っています」と明かし、藤原も驚きをみせ、クァク監督、藤原とお互いに顔をみて笑顔で返し合う場面も。
また藤原の吹替についてクァク監督は「セリフだけではなくて、実際にセリフの裏にある、いろんな感情が必要な作品なんですけど、藤原紀香さんは、本当にその役になりきって、セリフの裏側にある気持ちまでセリフを通して伝えてくださってますので、皆さんに気に入ってもらえると思います」と大絶賛!!藤原も「感激です!」と喜んだ。

   吹替について藤原は「チー・ジアになりきって、アフレコの仕事は好きなんですけど、毎回難しさを感じていて、やっぱり自分で芝居をするのではなく、自分の表現とは違う芝居をしているので、アフレコブースではチー・ジアになりきって声を入れたので、泣いたり笑ったり、もう悲しくて立っていられなくなって、座り込んでしまったり、号泣で鼻声になったりと体当たりで声を入れました」と吹替への思い入れを明かした。

   本作でヒロイン・チー・ジアを演じたジョウ・シュンに藤原が吹替について聞いたところ「藤原紀香さんの起用は予想してなかったので、このニュースを見た時に嬉しくて思わず“ワァー!”と叫びました!中国でも藤原紀香さんは良く知られてます。もちろん私もそうです!吹替版を観るのが楽しみです!」とコメントが届き、藤原も再び感激の表情をみせ「いつか共演したいです!会いたいです!」と熱望していた。
この日の藤原はヘソ出し&ショートパンツ姿で登壇し、美脚を披露。客席には女性が多く歓声が上がるほど。この美貌と脚線美に魅了されながらの舞台あいさつの時間となった。
(オオタマコト)

『年中無休で、愛してね!』

【物語】
大好きな人との結婚を夢見る女の子、チー・ジア。大学の卒業式にウエディング ドレスで出席し、同棲中の恋人にサプライズでプロポーズを計画!しかし彼から の返事はー。「結婚は考えられない!」 公衆の面前で放たれた一言に,彼女の自信とプライドは見事に崩れ去る。トラウマを引きずりながら26歳になった彼女は、医者から若年性の更年期だと診断されてしまう・・・。
「なんで私が更年期なのよ!」 まさかの恋の病が本当の病気になってしまうなんて・・・。
そんなある日、ホームレスに絡まれているところを大学の中で“最も冴えない男” だった、ユアンに助けられる。「帰る場所がない・・・。」というユアン。親友の毒舌女、リン・シューアルの猛反対を押し切り、冴えない彼との奇妙な同居 生活がスタートする。チー・ジアにとって本当の幸せとは・・・。


映画『更年奇的な彼女』
監督:クァク・ジェヨン 
キャスト:ジョウ・シュン トン・ダーウェイ ジャン・ズーリン ウォレス・チョン 
日本語吹替版キャスト
ヒロイン・チー・ジア:藤原紀香
原題:Meet Miss Anxiety (C) New Classic Media Corporation
日本版主題歌:華原朋美「君がそばで」(UNIVERSAL J)
配給:アジアピクチャーズエンタテインメント/エレファントハウス/カルチャヴィル
配給協力:DMZ tokyo 
公式サイト:http://kounenki-girl.jp 

映画『更年奇的な彼女』
4月8日(金)よりTOHOシネマズ日本橋・新宿他全国順次公開!