(3月19日土曜日)

東京アニメアワードフェスティバル2016開催!!
オープニングセレモニー

18日、東京・TOHOシネマズ日本橋にて、アニメアワードフェスティバル2016が開催され、オープニングセレモニーが行われた。

この日、オープニング上映には、第88回アカデミー賞ノミネートされ話題となった作品『父を探して』が日本初上映され、上映後にはオープニングセレモニーが行われ、出品者、協賛社、協力社、選考委員、審査員、その他関係協力社の約60名が登壇した。
アニメアワードフェスティバル2016実行委員長・一般社団法人日本動画協会の内田健二理事長からは「この日本の文化と伝統が継承されている日本橋において、また今年も日本と世界の多くのアニメーションと、関連するプログラムをご用意できました。是非、作品、プログラム、そして日本橋を楽しんで頂ければと思います。」とあいさつ。開会宣言が行われた。
今回でアニメアワードフェスティバルは3回目を迎え「独創的かつメッセージ性を持った作品を創り出す人材と育成」、「まだ見ぬ作品を東京から発信する」ことを目的に開催。アニメ作品とクリエイターが集うアニメ業界の祭典「フェスティバル」と、優れた作品を表彰する「アワード」各賞を開催し、「業界の活性化」国際交流の場」を提供するとしている。

3月18日(金)〜21日(月・祝)まで開催。開催中は日本未公開作品の上映、ワークショップ、トークセッションなど行われる。他に4月の新番組、最新情報などがわかるテレビアニメフェスティバル2016や『ラブライブ』『心が叫びたがってるんだ。』『SHIROBAKO』『楽園追放』など招待作品の上映など盛りだくさんなプログラムが用意されている。

TAAF2016公式サイト