(4月25日月曜日)

映画『海よりもまだ深く』完成披露試写会
真木よう子、人生の転機は「飛行機を追いかけていた子供の頃」


​​24日、東京・丸の内ピカデリーにて映画『海よりもまだ深く』完成披露試写会が行われた。上映後には舞台挨拶も行われ、主演の阿部寛をはじめ、真木よう子、吉澤太陽、樹木希林、是枝裕和監督が登壇し、カ​ンヌ国際映画祭への正式出品決定後、初めてキャスト陣と監督が勢ぞろいした。



この日、第69回カンヌ国際映画祭へ阿部寛、真木よう子、樹木希林、是枝裕和監督らが参加することも発表され、是枝監督に今回のカンヌ国際映画祭への正式出品が決定したことについて聞くと「大きな事件が起きない、皆さんの人生にも起きる程度の出来事だけで作られた小さな物語が、映画祭で上映していただけることを、とても誇りに思います」と喜びのコメント。今回、カンヌ映画祭へ初参加となる阿部からは「撮影では小さな部屋だったので、窮屈な状況で撮影していて、その距離感が、演じていても映像を見ても面白かった」と話し、海外の観客へ見どころをアピールした。


質問の中では人生のターニングポイントについて聞かれると真木は、「子供の頃、すごく変わっていた子で、飛行機に自分が追いつけると思って、空を見ながらずっと走っていたんです…そこら辺から。」と人生の転機を子供の頃に迎えたエピソードに客席を笑わせた。
舞台挨拶中は、大女優ながらも気取らず、常に樹木が盛り上げるムードメーカーっぷりを発揮し、登壇したキャスト陣や監督を笑顔にさせていたことで、笑顔が溢れるとても和やかな舞台挨拶となっていた。
(オオタマコト)

5月11日より開催される第69回カンヌ国際映画祭に阿部寛、真木よう子、樹木希林、是枝裕和監督が参加が決定。真木よう子(そして父になる)樹木希林(あん)で2度目、是枝監督は6度目となり、今回、阿部寛は正式上映でカンヌ映画祭に参加するのは初めて。まだ上映日など未定だが、日本での5月21日の公開を控え、海外でも注目を集めることに期待される。


【ストーリー】
台風の夜に、偶然ひとつ屋根の下に集まった“元家族”夢見た未来と、少しちがう今を生きる大人たちへ贈る感動作。​
​笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)だ。
ある日、たまたま淑子の家に集まった良多と響子と真吾は、台風のため翌朝まで帰れなくなる。
こうして、偶然取り戻した、一夜かぎりの家族の時間が始まるが――。


映画『海よりもまだ深く』
原案・監督・脚本・編集:是枝裕和(『海街diary』『そして父になる』)  
主題歌:ハナレグミ「深呼吸」(Victor Entertainment / SPEEDSTAR RECORDS)
出演:阿部寛 真木よう子 小林聡美 リリー・フランキー 池松壮亮 吉澤太陽 / 橋爪功 樹木希林
(C)2016 フジテレビジョン バンダイビジュアル AOI Pro. ギャガ   
配給:ギャガ
公式サイト:gaga.ne.jp/umiyorimo

映画『海よりもまだ深く』
5​月​21日(土)​丸の内ピカデリー、​新宿ピカデリー他 全国ロードショー!