『平成仮面ライダー 20 作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』プレミアイベント開催

2018/12/9

 

 

 

 

 

2018 年、冬、話題沸騰中の『平成仮面ライダー 20 作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』のプレミアイベントが東京・ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて開催され、仮面ライダークウガ、アギト、龍騎、555(ファイズ)、剣(ブレイド)、響鬼、カブト、電王、キバ、ディケイド、W(ダブル)、オーズ、フォーゼ、ウィザード、鎧武、ドライブ、ゴースト、エグゼイド、ビルド、ジオウら平成仮面ライダー 20 人が大集結!それぞれがポーズを決めて登場。この 20 人の平成仮面ライダーたちがイベントで揃うのは史上初!さらに『仮面ライダージオウ』レギュラーキャストの奥野壮、押田岳、大幡しえり、渡邊圭祐らに加え、『仮面ライダービルド』から犬飼貴丈、赤楚衛二、高田夏帆、武田航平、水上剣星らレギュラーキャストが再集結した。



会場に変身音が鳴り響き、最初に仮面ライダークウガが登場!そして次々と平成仮面ライダーたちが変身音とともにポーズを決めてステージへと集結。20 人の仮面ライダーたちが立ち並ぶ姿は圧巻そのもの。今回、会場には一般公募によって選ばれた応援隊も参加し、ライダーたちを応援する声が飛び交っていた。

仮面ライダークウガ〜仮面ライダージオウまで平成仮面ライダーたちが大集結!

続いて、ジオウキャスト陣が登場し、ビルドキャストたちも揃って登場。そして、犬飼と奥野の主演の 2 人が最後に登場しがっちり手を握り、笑顔を見せると大歓声が沸き起こり、ボルテージは最高潮となっていた。


仮面ライダージオウ/常磐ソウゴ役の奥野は、「僕にとっての初めての作品なので『早く見たい!』まだ完成した作品を観てないので早く皆さんに届けたい、その気持ちでいっぱいです!」と緊張気味ながら期待を込めて熱いコメント。

仮面ライダーゲイツ/明光院ゲイツ役の押田は「いろいろ期待があるとともに平成最後の映画、良い作品になってると思います」と意気込み。ツクヨミ役の大幡は「映画公開が、ジオウの 1 話を待っている時ぐらいドキドキしてます」、ウォズ役の渡邊は「ジオウ初の映画作品。ビルドの方たちと作り上げたので間違いないものができてると思います!」と自信をみせた。


また、イベントでは主題歌と編曲を浅倉大介が担当することが発表され、浅倉からコメントが到着。

「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」で、20 曲の主題歌をリミックスする、というお話をいただいた時は、平成ライダーをライトにですが観ていた者として、音楽に携わる者として「え?そんな事出来るのかな?」という驚きと喜びでいっぱいでした! ボクの音楽人生の中で小室哲哉さんと PANDORAとして 2017 〜 2018 ビルドの主題歌「Be the One」で関わらせていただいた事はとても大きな事だったので、「さあ!実験を始めようか?!」という気持ちで、チャレンジする楽しさと、平成ライダーたちへのリスペクトを込めてリミックスしました。

いかがでしょうか?仮面ライダーという、日本の子供たちにとって大切な、大好きなヒーローを愛する全ての方々に「なんかイケる気がする!」と思っていただけたら、1 仮面ライダーファンとしてもこんなに嬉しい事はありません。


と、コメントが読み上げられた。


主題歌

『仮面ラ イダー平成ジェネレーションズ FOREVER メドレー D.A. RE-BUILD MIX』


この主題歌について奥野に感想を訊くと、「全ライダーの主題歌のリミックス。平成最後の仮面ライダー映画を飾るにふさわしい楽曲だと思いました」と期待を高めた。


引き続き、ビルドキャスト陣へ『平成仮面ライダーの中でどのライダーに憧れていたか?』と質問が飛ぶと、仮面ライダービルド/桐生戦兎役の犬飼は「仮面ライダーカブトの天道総司に憧れてました。お会いできて光栄です!」とニッコリ。

仮面ライダークローズ/万丈龍我役の赤楚は「僕は、クウガ、アギト、龍騎と観てて、お会いできて本当に光栄です!」と後ろに並んでいたクウガとアギトも喜びのサムズアップ!

石動美空役の高田は「ごめんなさい…私はプリキュア派だったので…仮面ライダービルドが 1 番好きです!」と、みーたんスマイル。


仮面ライダーグリス/猿渡一海役の武田は「僕は仮面ライダーキバに出ていた仮面ライダーイクサ/紅音也に憧れてました」と、自身が演じた役を挙げ、会場の笑いを誘うと、仮面ライダーローグ/氷室幻徳役の水上は「マットローグですかね。」といい、犬飼や武田から「今日、いないよ!」とツッコミが入り、さらに会場を笑いに包み込んだ。


イベントも終盤、『仮面ライダーとは?』と問われると、犬飼は「いつまでもラブ&ピースを届けられる存在になっていればいいなと思います」とコメント。

奥野は「仮面ライダーは昭和から平成へと時代が変わっても皆さんの憧れであり続けるヒーローだと思っていて、それこそ仮面ライダージオウは平成から次の新しい時代に時を駆け抜けるヒーローで、仮面ライダーとは時代をまたにかけるヒーローじゃないかなと思います」と締めくくった。

(編集部)

12 月 22 日(土) 全国ロードショー!