映画『グリンチ 』初日舞台挨拶

2018/12/14


宮野真守のサンタクロースにお願いしたい願いごととは?




声優・アーティストの宮野真守が、東京・TOHOシネマズ 日比谷にて行われた映画『グリンチ 』の初日舞台挨拶に登壇した。10 月公開の映画『プリキュア 』、『ゴジラ』、『ファンタスティック・ビースト』、そして『グリンチ 』、さらに 2019 年公開の『スパイダーマン:スパイダーバース』では、スパイダーマン/ピーター・パーカー役と引っ切り無しに吹替えを担当する人気ぶり。そして本作ではナレーターを担当している。


幼い頃はつぶらな瞳が可愛いらしかったが、成長してすっかりひねくれてしまったグリンチ(大泉洋)。村人たちに意地悪ばかりして楽しんでいた。いつも不機嫌で孤独なグリンチは、村人たちが大好きな「クリスマス」を盗んでしまおうと思いつくが……。



宮野は「さすが原作が絵本で観終わった後に笑顔になれる教訓を与えてくれて前向きになれる映画となってます」とコメントし、笑顔でアピール。

また舞台挨拶では共に登壇した大泉洋、杏、横溝菜帆ちゃんらにクリスマスがテーマの本作とあって、『サンタクロースにお願いしたい願いごとは?』と、それぞれがクリスマスツリーのオーナメントにしたためた願いを披露。


大泉洋は『グリンチ 2 を!』、杏は『いっぱい入る大きなリュックサックが欲しい!』、横溝菜帆ちゃんは『家族で旅行したい!』などの願いごとを述べると、宮野は「大泉洋!」といい、「この作品でイベントなどに登壇させて頂き、『大泉さんのセンスにもう感服致します。』」と願いとともに大泉を絶賛。観客からも拍手をもらい。

理由について「頼んでもいないのにベラベラ喋るじゃないですか。なんでそんなに喋りたがるんだろう」と述べると大泉も思わず大笑い。そんな決定的な瞬間について宮野は「メリーと言ったら『ジェーン!』と言ってください!」とイベントでの発言を振り返り、「誰も求めてないのに怖がらずによく言えるなあ」と、その度胸に感服したという。そんな大泉の「勇気が素晴らしい!そんなセンスが欲しい!」と語り、それが、お願いごとへと繋がったようだ。


さらに日本のUSJにしかいない『ベイビーグリンチ』がサプライズ登場!宮野も笑顔が溢れっぱなしだった。

(編集部)



日本語吹替えキャスト

大泉洋 杏 秋山竜次(ロバート) 横溝菜帆 宮野真守

プロデューサー:クリス・メレダンドリ

監督:スコット・モシャー、ヤーロウ・チェイニー

オリジナル版/声の出演:ベネディクト・カンバーバッチ

配給:東宝東和

©2018 UNIVERSAL STUDIOS


大ヒット公開中!