映画『ドラゴンボール超 ブロリー』公開記念舞台挨拶

2018/12/15






この冬、話題のアニメ映画『ドラゴンボール超 ブロリー』が、12 月 14 日に封切られた。この公開を記念して、東京・丸の内TOEIにてキャスト陣による舞台挨拶が行われ、孫悟空/カカロット役の野沢雅子をはじめ、ベジータ役の堀川りょう、ブロリー役の島田敏、フリーザ役の中尾隆聖、さらに本作に登場する新キャラのチライ役の水樹奈々、レモ役の杉田智和、メガホンを取った長峯達也監督が登壇した。


映画が公開された感想を尋ねると、野沢は「びっくりしました!こんなに大勢のお客さんがいると思ってなかったので。」と目を丸くし、「この作品の収録が終わってすぐに言ったんですよ!『いままでで、 1 番面白い!』って。皆さんにも愛されると思います」と、ニッコリ。客席から大きな拍手が送られた。


島田は「ここに立てていることに興奮してます!ブロリーは過呼吸になるほど燃えました!」と興奮気味にコメント、堀川は「久しぶりにカカロット(マコさん)とフュージョンしました!久々のフュージョンなので興奮してます。みなさんもフュージョンしながら楽しんでください」と満席となった客席に興奮が抑えられない様子。

中尾は「去年に続き復活しまして、輪っか(頭の輪)も取れました。今回は『あっ、フリーザはこんなことを望んでたんだ』と私もびっくりでした(笑)」上映後とあって、このコメントに客席からも笑いが溢れていた。


水樹は「大好きな作品、子供の頃から観てた作品に携われたこと。素晴らしい先輩方と、今日ここに立てている喜びを感じています。もう鳥肌が止まりません」と喜びの声を寄せ、杉田も「レモとチライはブロリーに対して理解者。彼を理解する 1 番の育ての親でいられたのが何より幸せでした」と、感動しきり。


「まさかドラゴンボールの監督をやると思ってなくて、師匠の山内さんの『ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』のブロリーをやることになって、『力足りるのかな…』と思いましたがやりました。ドラゴンボールを大好きな人たちと映画を観た興奮を同じ空間で感じられて幸せです」と長峯監督も喜びの声を上げ、客席からの大きな拍手で包まれた。


この雰囲気に野沢も「もう最高です!私としては悟空と一緒に生きてますから、この大勢のお客さんと一緒にこの場にいるということは、悟空にとっては最高ですね!」と喜びでいっぱい。

またフリーザについて中尾は「フュージョンは 30 分経たないとダメなんですか?その間、ボコボコですよ!」と劇中シーンをあげ、長峯監督にクレームを入れる場面も。


本作で、新キャラでの参加に水樹は「もう、最高だったよね!」と杉田と顔を見合わせ、杉田も「子供の頃の自分に言っても『嘘だ!』と信用されないです」とコメント。

また今後に期待することを問われると、中尾からは「私も合体したいです」とポツリ。会場も大きな笑いに包まれ、「合体したらもっと強くなれると思って…」、野沢は「誰かいます?」といい、中尾も「いないか…(笑)」と失笑。さらに笑いを誘った。


本作は海外での公開も決まっており、ロサンゼルスのチャイニーズシアターで行われた上映も大盛り上がりだったとの報告を受け、野沢は「前に訪れた時にサイン会があったんです。その時に並んでた小さな子供たちがお金が足りなくて、サインの色紙が買えなかったんです。でもサインをしてあげたら大喜びしてくれて、それは最高に嬉しかったです」と、野沢の優しさ溢れるエピソードに会場もほっこり。


さらに野沢から「オリンピックやりますよね。東京でやるので私としては、『聖火を悟空で灯したいんです!ハァー!って!』そしたら世界中の方が見て喜んでもらえると思うんです。走者は無理ですけど(笑)」と野望を打ち出し会場も大盛り上がり、最後には野沢の掛け声とともに全員で『かめはめ波!』で世界超(スーパー)ヒット宣言で締めくくった。



【雑記】

2013 年、週刊少年ジャンプにて短期連載された『銀河パトロール ジャコ』。鳥山明が新たに描き下ろした漫画作品であり、そのラストにはオマケとして、鳥山からドラゴンボールファンへと 16 ページのスペシャルストーリーを掲載。それが『DRAGON BALL ー放たれた運命の子供』だ。


カカロットこと孫悟空が地球に送り込まれる前の話が新たに描かれており、アニメ版『ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦〜フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父〜』とはストーリーや設定が異なるものとなっている。今回、『ドラゴンボール超ブロリー』の序盤のストーリーはこれがベースとなり、そこにフリーザたちやブロリーらが追加され再構成されており、これらを知ってるファンには、幼き頃の悟空、ベジータ、フリーザ、ブロリーに加え、悟空の父バーダック、母のギネ、兄のラディッツ、ベジータの父・ベジータ王、ナッパ、さらにフリーザの父コルド大王やギニュー特戦隊、ザーボン、ドドリアといったお馴染みのキャラクターたちも登場するなど、序盤からワクワクが止まらない。


今回、原作・脚本・キャラクターデザインを鳥山明が担当してるからこそ、これらのキャラクターが総登場するのも見どころと言えるだろう。


機会があれば『DRAGON BALL ー放たれた運命の子供』が収録されている『銀河パトロール ジャコ』のコミックス(全 1 巻)を読んでみるのもいいだろう。

(編集部)


原作・脚本・キャラクターデザイン:鳥山明

監督:長峯達也

作画監督:新谷直大

音楽:住友紀人

美術監督:小倉一男 

色彩設計:永井留美子

特殊効果:太田 直

CGディレクター:牧野 快

製作担当:稲垣哲雄

声の出演:野沢雅子 堀川りょう 中尾隆聖 島田敏 久川綾 古川登志夫 草尾毅 山寺宏一 森田成一 宝亀克寿 水樹奈々 杉田智和

主題歌:「 Blizzard 」三浦大知(SONIC GROOVE)

製作:「2018ドラゴンボール超」製作委員会

配給:東映

配給協力:20世紀フォックス映画

©バードスタジオ/集英社 ©「2018  ドラゴンボール超」製作委員会


大ヒット公開中!