(12月23日金曜日)


ドラマ『猫忍』レビューアー試写会

「もう可愛すぎて!あー可愛い!ハリウッドデビューさせたい!」金時(猫)に大野拓郎もメロメロ!!


「猫侍」のスタッフが新たに贈る、笑いと癒しのニンジャ活劇!大野拓朗が初主演を務める映画とドラマ『猫忍』(ねこにん)。

23日、劇場版の公開に先駆けて、2017年1月より放送開始となるドラマ『猫忍』レビューアー試写会が東京・シネマート新宿にて行われ、主演の大野拓朗、渡辺武監督、「猫忍」の主役猫・金時(きんとき)が舞台挨拶に登壇した。

劇中の忍者衣装で「世界最速上映!世界目指してます!」と大野の挨拶ではじまり、さらに劇場版『猫忍』2017年5月20日(土)公開と発表され客席は盛り上がりをみせた。


今回、大野は初の忍者役。「走り方には苦労しました。かがんで低い姿勢で腕を動かさないようにしてとか。でも映ってるのを見たら普通の体勢で走ってて、体をかがませたのに徐々に立ち姿になってしまった」と、再現しながら話し、撮影では山を何回も走り、低い姿勢の為に脚腰は筋肉痛になったと苦労話がポロリ。キャラ設定についても「コミュ障で、人と話すのが苦手とか…でも意外と喋っていて上手くいかなかった」と話し、渡辺監督から「演じ手から醸し出されるので、キャラはやっていく内に変化していくし、そこが面白い。」と語った。


今回、侍から忍者になり、何か狙いは?と聞かれると「海外を視野に!外国人に受ければ、売れるよね!世界を目指しているので」と渡辺監督。しっかり客席から笑いを誘っていた。

本作で共演した猫の金時について聞かれ、大野は「金時、可愛いすぎて。あー可愛いあー可愛い」と呟きながら見ていたという。会場に猫の金時が登場すると客席からは、ざわざわと歓声が上がり、その可愛さに注目を集め大歓声!本作で映画デビューを飾った金時は体重8.5キロと巨体で、大野は抱きかかえると「もう腕がパンパンになります!一緒にいると金ちゃんの重みが愛おしい!」と、メロメロ。また渡辺監督が「本番になると寝るんですよ」と暴露すると、金時にしっかり抱きつかれている大野は「慣れない環境で目線とか、本番は緊張してしまう」と、その影響で本番では寝てしまうのではと話していた。

また前作の『猫侍』から『猫忍』への主演バトンタッチならぬ肉球タッチセレモニーも行われ、猫のあなごも登場し、金時とあなごで、しっかり肉球タッチ!を行い会場は大いに盛り上がりをみせた。

最後に大野から「日本から世界へ発信される素晴らしい作品に!そして金時をハリウッド俳優にするべく、みんなで一丸となって行きますのでよろしくお願いします!」と舞台挨拶を締めくくった。
(オオタマコト)

【物語】

霧生家の若手忍者・陽炎太(大野拓朗)。幼き頃に父親と生き別れ、ずっと愛を知らずに生きて来た。父親は、赤い鼻をした剣山という伝説の忍者。10歳の時に生き別れとなり、それ以来一度も会っていない。 ある時、陽炎太は仲間の忍者と共に、ミッションのため江戸に。大名屋敷から特別な金魚を盗み出すという簡単な任務だった。無事に屋敷に忍び込むことに成功し、金魚を盗み去ろうとした時、そばに生き物の気配が。それは、赤鼻の、でっぷり太った猫。見覚えのあるそ の猫は、どことなく父親の雰囲気に似ていたのだった...。




ドラマ『猫忍』

キャスト:大野拓朗 藤本泉 草野イニ 大沢ひかる 青木玄徳 鈴木福 金山一彦 永澤俊矢 / 麿赤兒 船越英一郎


劇場版『猫忍』

キャスト:大野拓朗 佐藤江梨子 藤本泉 渋川清彦 鈴木福 ふせえり 永澤俊矢 / 柄本明 麿赤兒 / 船越英一郎

監督:渡辺武、佃謙介(ドラマのみ)/脚本:永森裕二(映画のみ)、黒木久勝、

池谷雅夫(映画のみ)


『猫忍』公式HP:http://neko-nin.info/



ドラマ『猫忍』2017年1月よりtvk、BSフジほか放送開始

劇場版『猫忍』2017年5月20日(土)より角川シネマ新宿ほか全国公開!




(C)2017「猫忍」製作委員会